2.16 - Prestoイニシエータ コネクタのSQL構文 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradata QueryGridは、Prestoコネクタ ノードの次のSQL文をサポートしています。
  • SELECT
  • INSERT
  • SHOW SCHEMAS, SHOW TABLES, SHOW COLUMNS, SHOW CATALOGS
  • DESCRIBE

Prestoコネクタで使用されるSQL構文は、TeradataのSQL構文とは異なります。最も注目すべき相違点は、テーブルをそのカタログで修飾する必要があることです。例えば、QGNG.salesdb.salesQGNGはカタログ名、salesdbはスキーマ名で、salesはテーブル名です。

カタログ、スキーマ、テーブル、および列の名前は、ローカル システムまたはリモート システムのどちらかがネイティブ形式で名前をサポートできないことがない限り、Teradata QueryGridによって変更されることはありません。これには大文字、小文字、およびそれらの混合、さらに言語文字セットにおけるマルチバイトの名前が含まれます。