2.16 - ターゲット コネクタの追加 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. ファブリックの構成で、ファブリックを選択し、コネクタを追加するファブリックを選択します。
  2. コネクタ タブを選択します。
  3. コネクタの横にある""を選択します。
  4. 名前を入力します(最大256文字)。
  5. 説明を1,000文字以内で入力します。
  6. システムのリストで、このコネクタを追加するシステムを選択します。
  7. 許可されているOSユーザーの横にある""を選択して、許可対象のOSユーザーを追加します。
    OSユーザーの詳細については、Teradata QueryGridセキュリティにある情報を参照してください。
  8. 次のいずれかを実行します。
    オプション 説明
    既存のコネクタ ソフトウェアのバージョンを選択する
    1. ソフトウェア名リストから、既存のソフトウェア バージョンを選択します。

      このリストには先ほどアップロードしたコネクタのソフトウェア パッケージが含まれています。

    新しいコネクタ ソフトウェアのバージョンをアップロードする
    1. ソフトウェア名リストの横にある""を選択します。
    2. ファイルを参照し、アップロードを選択します。
    3. ソフトウェア名リストから、アップロードされたバージョンを選択します。
    4. 保存を選択します。
  9. サーバー ボックスに、サーバーのホスト名を入力します。
  10. コネクタ ソフトウェアの横にある""を選択します。
  11. コネクタのプロパティの選択で、次のいずれかまたは複数の操作を行ないます。
    オプション 説明
    カスタマイズ
    1. コネクタのプロパティの値をカスタマイズするには、このチェック ボックスをオンにします。

      チェック ボックスをオフにすると、QueryGridはプロパティのデフォルト値を使用します。

    ターゲット データ エンジンとの接続を確立しコネクタの診断チェックを使用してテストできるように、必要なコネクタ プロパティとセキュリティ関連のコネクタ プロパティに正しく入力することに重点を置くことを推奨します。詳細については、このガイドに記載されている、ターゲット コネクタのタイプごとのターゲット コネクタ セキュリティ ガイドラインを参照してください。コネクタ レベルとリンク レベルの両方でより高度なコネクタ プロパティが必要な場合は、リンクをさらにカスタマイズできます。
    上書き可
    1. (オプション)ユーザーが個別の処理セッション中にクエリーを開始する場合に、コネクタ プロパティの値を上書きするには、このチェック ボックスをオンにします。
    プロパティをコネクタ レベルで上書き可として指定すると、リンクタブのリンク レベルで上書き可として指定していない場合でも、その指定が有効なままになります。

    イニシエータまたはターゲット コネクタの設定を無効にするには、リンク レベルとコネクタ レベルの両方でチェック ボックスをオフにする必要があります。

    このような理由から、リンクに固有の要件に応じて、プロパティをリンク タブのリンク レベルでのみ上書き可として指定することをご検討ください。

  12. OKを選択して、設定を保存します。
    コネクタ ソフトウェアで、カスタマイズするように設定したすべてのプロパティが表示されます。
  13. 各設定を変更して、コネクタの動作を制御します。
  14. ドライバ ノードで、次のいずれかの操作を実行して、ドライバ ノードを使用できる場所を指定します。
    オプション 説明
    すべてのノードで利用可能にする
    1. すべてのノードで利用可能にするを選択します。
    選択したノードでのみ利用可能にする
    1. 選択したノードでのみ利用可能にするを選択します。
    2. ノードの選択を選択します。
    3. 利用可能なノードのフィルタボックスにテキストと1つ以上のワイルドカードを入力し、利用可能なノードリストに表示する使用可能なノードのサブセットを取得します。
    4. ""を選択して、必要なノードを利用可能なノードリストから選択したノードリストに移動します。
    5. 保存を選択します。
    ノードの選択には、以下のガイドを使用します。
    システム 説明
    Teradata 任意のTeradataノードをドライバ ノードとして使用できます。ドライバ ノードを設定する場合は、Limit the number of driver nodes toオプションを使用することを推奨します。
    hive ドライバ ノードとして使用するノードには、Hiveクライアント パッケージがインストールされている必要があります。EMRを使用する場合、マスター ノードのみをドライバ ノードとして使用できます。

    ワーカー ノードで自動スケーリングが発生する場合があるHDIクラスタでは、少なくとも1つの非ワーカー ノードをドライバ ノードとして選択することを推奨します。今後、システムに参加するすべてのノードでHiveクライアント要件が満たされる限り、ドライバ ノードの設定時にLimit the number of driver nodes toオプションを使用することを推奨します。

    Spark ドライバ ノードとして使用するノードには、SPARK_HOME環境変数が設定されている必要があります。EMRを使用する場合、ドライバ ノードとして使用できるのはマスター ノードに限られます。

    ワーカー ノードで自動スケーリングが発生する場合があるHDIクラスタでは、少なくとも1つの非ワーカー ノードをドライバ ノードとして選択することを推奨します。今後、システムに参加するすべてのノードで上記の要件が満たされる限り、ドライバ ノードの設定時にLimit the number of driver nodes toオプションを使用することを推奨します。

    Presto 任意のPrestoノードをドライバ ノードとして使用できます。ドライバ ノードを設定する場合は、Limit the number of driver nodes toオプションを使用することを推奨します。

    動的ドライバ ノード機能を使用しない場合は、以下の点を考慮してください。ワーカー ノードで自動スケーリングが発生する可能性があるクラウドでのPrestoクラスタの場合、少なくとも1つのコーディネータ ノードをドライバ ノードとして選択することを推奨します。コーディネータ ノードは特定の状況で破棄および再作成できますが、このような状況では、今後のQueryGrid停止を避けるめにMake available on all nodesを選択することを推奨します。

  15. (オプション) 関連付けられているViewpointシステム リストからViewpointシステムを選択してこのコネクタと関連付けます。
    この関連付けは、Viewpointの監視システムをクエリー モニターなどのポートレットにあるQueryGridのクエリーにリンクするために使用されます。
  16. 保存を選択します。