2.16 - ローカル サーバーとリモート サーバー間でのユーザー クエリーの監視 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
ソース システムおよびターゲット システムで実行されているクエリーを監視するには、次のポートレットを使用します。
  • 完了したクエリー
  • マイ クエリー
  • クエリー グループ
  • クエリー モニター
クエリー パフォーマンス データには、アクティブな各クエリーについての測定基準が含まれています。
  • CPU
  • CPUスキュー
  • 転送された行
  • 転送されたバイト
  • データ スキュー

これらのメッセージには、ローカルおよびリモート セッションの詳細、クエリー テキスト、エラー、警告、すべてのクエリー フェーズの期間が含まれています。

特定のクエリー内のクエリーに参加するすべてのノードからデータをキャプチャします。キャプチャしたデータは定期的にサマリーされます。デフォルトのサマリーの頻度は30秒です。

詳細については、<Teradata® Viewpointユーザー ガイド、B035-2206>を参照してください。