2.16 - ポストバックアップ スクリプトの実行 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
QueryGridマネージャのバックアップ完了後にバックアップ ファイルをリモートの格納場所に自動でコピーするスクリプトを作成できます。このポストバックアップ スクリプトは、次の要件を満たす必要があります。
  • シェル スクリプトである
  • tdqgmユーザーが実行可能なファイルである
  • バックアップ ファイルのパスをコマンド ライン引数として受け入れることができる
  • 適切なエラーを標準のエラーおよび終了フォーマットと終了ステータス1で出力できる

ポストバックアップ スクリプトを設定すると、QueryGridマネージャは定期的なバックアップまたはbackup.shコマンドが完了するたびにスクリプトを自動で実行します。

QueryGridマネージャがエラーを検出すると、毎日のバックアップ ジョブはMANAGER_BACKUP_FAILEDエラー タイプで問題を作成し、backup.shコマンドはエラー メッセージをコンソールに表示させます。

  1. ポストバックアップ スクリプトを指定するには、/etc/opt/teradata/tdqgm/backup.propertiesファイルを作成し、post.backup.scriptプロパティに実行するスクリプトのパスを定義します。
    post.backup.script=/mydir/mybackupscript.sh
  2. (オプション)ポストバックアップ スクリプトが正しく動作することをテストするには、スクリプトがエラーなしで実行されることを確認します。
    sh /opt/teradata/tdqgm/bin/backup.sh