ブリッジの考慮事項 | Teradata QueryGrid - 2.16 - シングル ブリッジまたは複数ブリッジの考慮事項 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
開始システムとターゲット データ ソース システム間に直接的な接続がない場合は、ブリッジの構成を使用します。イニシエータ システムとターゲット システムのデータ ソース ノード間のデータ転送パスには、1つまたは2つのブリッジ システムを含めることができます。以下に、ブリッジ システムのノードを定義します。
  • QueryGridノード ソフトウェアを実行しているデータ ソース ノードのサブセット。データ ソース ノードは、イニシエータ システム、ターゲット システム、またはその両方に指定できます。
  • QueryGridノード ソフトウェアを実行している非データ ソース ノードのセット。非データ ソース ノードには、処理するローカル データがないため、コネクタ ソフトウェアは必要ありません。

    非データ ソース ノードの例としては、Hadoopシステムのエッジ ノードがあります。

ブリッジ システムごとに複数のブリッジ ノードをお勧めします。これにより、ブリッジ ノードがオフラインになっても、QueryGridクエリー送信を継続できます。