2.16 - 承認の作成および置き換えの例 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

外部サーバーのKerberosを認証するために許可を使用する場合は、INVOKER TRUSTEDまたはDEFINER TRUSTEDのいずれかを使用する必要があります。

次の2つの例は、オブジェクトを呼び出すユーザーの許可を確立します。資格情報は暗号化され、ユーザー データベース内にデータベース オブジェクトとして格納されます。

CREATE AUTHORIZATION sales AS INVOKER TRUSTED
  USER 'johnson'
  PASSWORD 'Secret' ;
REPLACE AUTHORIZATION sales AS TRUSTED
  USER 'williams'
  PASSWORD 'topsecret' ;

許可をグローバルに使用できるようにする場合は、DEFINER TRUSTEDタイプを使用してTD_SERVER_DBに承認を作成します。この例のようにDEFINER TRUSTEDを使用する場合、proxy_1の資格情報はTD_SERVER_DBデータベース内に作成されるremote_system1許可に格納されます。

CREATE AUTHORIZATION TD_SERVER_DB.remote_system1 
AS DEFINER TRUSTED USER 'proxy_1'
  PASSWORD 'Global' ;