2.16 - Kubernetes上のPresto用Prestoイニシエータ タスク - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. Prestoターゲット コネクタとデータ ソースの構成の手順を実行します。
  2. Presto構成を定義するPrestoクラスタyamlファイルを変更するとき、catalogsセクションに以下を追加します。
    プロパティ アクション
    p2t_catalog p2t_catalogを、ターゲットのTeradataシステムを表わすPrestoカタログの名前と置き換えます。
    connector.name=qginitiator
    qginitiator.linkName=p2t p2tを、QueryGridリンクの名前に変更します。
    qginitiator.version=active activeを、使用するリンクのバージョンに変更します。次のいずれかのバージョンを入力します。
    • アクティブ
    • 保留状態
  3. PrestoクラスタyamlファイルをApplyします。
    helm upgrade my-presto starburstdata/starburst-presto \ --install \ --version Presto_version \ 
    #e.g. 345.0.0 --values Path to your Presto's values.yaml file