2.16 - Hiveクラス パスの構成(CDHのみ) - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Cloudera Distribution for Hadoop (CDH)の実装でHiveコネクタを使用する場合は、CDH 5.7について報告されたバグがあります。
Sentryが有効になっているCDH実装を使用する場合、SentryではADD JARコマンドの使用が許可されていないため、次のタスクも実行する必要があります。
  1. このバグを解決するには、Hiveコネクタのクラス パスに以下を追加します。
    /opt/teradata/tdqg/connector/tdqg-hive-connector/version/lib/hive-loaderfactory-version.jar
    構文は、HIVE_AUX_JARS_PATHの変更など、複数の方法で追加できます。
  2. 必要に応じてHiveを再起動します。