2.16 - Teradata QueryGridのストアド プロシージャ、関数、およびテーブル演算子 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradataは、リモート システムとの間でデータをインポートおよびエクスポートするためのテーブル演算子をいくつか提供します。
  • QGRemoteImport
  • QGRemoteExport
  • QGInitiatorImport
  • QGInitiatorExport
Teradataはまた、次のようなリモート システムのDDLおよびDCLアクションを有効にするために、QGExecuteForeignQueryテーブル演算子も提供します。
  • CREATE
  • ALTER
  • DROP
  • GRANT
  • REVOKE
QGExecuteForeignQueryは、ユーザーがExecuteForeignSQLを使用してクエリーを実行するときに、ExecuteForeignSQLによって呼び出されます。

これらのテーブルの演算子は、DIPから有効化されます。

ExecuteForeignSQLは、ユーザーが基本的なSQLクエリーを実行するための簡潔なインターフェースを提供するストアド プロシージャです。ExecuteForeignSQLとインストール スクリプトは、Teradata QueryGridコネクタ パッケージの一部として提供されます。