2.16 - 構文要素 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
server_name
外部サーバー オブジェクトに指定された名前。
EXTERNAL SECURITY
承認オブジェクトを外部サーバーに関連付けます。承認はユーザーの暗号化された信頼証明をデータベース オブジェクトとして保存します。外部サーバーにアクセスすると、Teradataコネクタは承認の信頼証明を外部サーバーによって特定されるリモート プラットフォームに渡します。
INVOKER
DEFINER
DEFINERまたはINVOKERのいずれかを指定できますが、両方を指定することはできません。INVOKERもDEFINERも指定しない場合は、デフォルトでINVOKERが使用されます。
INVOKERは、外部サーバーにアクセスするときに、関連付けられた承認がユーザー データベースに存在する必要があることを示すキーワードです。
ユーザー データベースは、ユーザー アカウントの作成時にTeradataシステムでユーザー向けに作成されたデータベースです。
DEFINERは、外部サーバーにアクセスするときに、関連付けられた承認が外部サーバーを含むデータベースに存在する必要があることを示すキーワードです。
CREATE AUTHORIZATIONおよびREPLACE AUTHORIZATIONステートメントのDEFINERとともに使用できるDEFAULTキーワードは、外部サーバーに関して必要ではありません。
DEFINERキーワードを使用すると、承認は外部サーバーへのクエリーを実行する必要があるすべてのユーザーに対してグローバルです。
リモート プラットフォームが外部セキュリティ システム(Kerberosなど)を認証に使用する場合は、INVOKER TRUSTEDまたはDEFINER TRUSTEDのいずれかを使用する必要があります。
TRUSTED
関連する承認オブジェクトがTRUSTEDとして作成されたことを示すキーワード。
TeradataコネクタのTRUSTEDセキュリティ タイプを使用する必要があります。
authorization_name
外部サーバーへのアクセス時に使用される承認オブジェクトの名前が指定されます。