2.16 - システムへのノードの追加 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

ノードを追加する前に、QueryGridマネージャのpublicAddressまたはadditionalPublicAddressがIPアドレスではなく、DNSによりそれらのアドレスを解決できない場合は、ホスト名またはIPアドレスの1つがデータ ソース システム内のノードのホスト ファイルに追加されていることを確認します。

ノードは、tdqg-nodeパッケージをtdqg-node.json構成ファイルとともにノードにインストールすることにより、QueryGridマネージャで定義されたシステムに登録されます。サポートされるプラットフォームではQueryGridデプロイとスケーリング サービスによりノードを追加できます。詳細については、スケーラブルなクラスタでのQueryGridの自動デプロイおよびTeradata QueryGrid互換性マトリックスを参照してください。

QueryGridデプロイとスケーリング サービスをサポートしていない、または使用していないプラットフォームでは、インストールを自動または手動で実行できます。以下の表に、システムごとに追加されるノードの種類についてのガイドラインを示します。
システム タイプ Node Type(ノード タイプ) 考慮事項
Teradata TPA, HSN, FICON すべてのTeradataノードをシステムに追加する必要があります。ネットワーク接続を持たないノードをQueryGridマネージャまたはリモート システムに追加する手順については、Teradata FICONノードのQueryGridの構成を参照してください。
hive マスター/ヘッド、ワーカー/コア/タスク、エッジ

すべてのワーカー ノードをシステムに追加する必要があります。ワーカー ノードのサブセットを追加できるのは、特定の構成(YARNキューやノード ラベルの使用など)があり、その構成ではHiveがQueryGridクエリーに対してそれらのノードのみを使用する場合に限られます。

非ワーカー ノードごとに、以下の条件の少なくともいずれかが該当する場合は、そのノードをシステムに追加する必要があります。

  • HiveServer2がノード上で実行されており、QueryGrid loaderfactory JARが、Hive Auxiliary JARを使用して追加されるのとは対照的に、ADD JARコマンドを使用して実行時に追加される。
  • ノードはドライバ ノード。
Spark マスター/ヘッド、ワーカー/コア/タスク、エッジ

すべてのワーカー ノードをシステムに追加する必要があります。ワーカー ノードのサブセットを追加できるのは、特定の構成 (YARNキューやノード ラベルの使用など)があり、その構成ではSparkがQueryGrid クエリーに対してそれらのノードのみを使用する場合に限られます。

非ワーカー ノードごとに、以下の条件の少なくともいずれかが該当する場合は、そのノードをシステムに追加する必要があります。

  • Spark Thriftサーバーが、ノードで実行されており、QueryGridに対して意図した実行メカニズムである(Sparkアプリケーションではない)。
  • ノードはドライバ ノード。
Oracle QueryGridドライバ 1つ以上のドライバ ノードをシステムに追加します。
Presto コーディネータ、ワーカー すべてのPrestoノードをシステムに追加する必要があります。