2.16 - publicAddress、bindAddress、およびclusterAddressの変更 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
QueryGridマネージャインスタンスのpublicAddressclusterAddress、およびbindAddressのデフォルトの変更はオプションです。クラスタリングの前または後に、デフォルトのclusterAddressを変更できます。

/etc/opt/teradata/tdqgm/server.propertiesでは、これらの各値を個別に設定または変更することができます。

  1. Teradata QueryGridマネージャTMS、VM、またはサーバーにログオンします。
  2. /etc/opt/teradata/tdqgm/server.propertiesファイルを開きます。
    /etc/opt/teradata/tdqgmのファイルに対する書き込み権限が必要です。
  3. publicAddressadditionalPublicAddressesbindAddress、およびclusterAddressのプロパティを編集し、ファイルを保存します。
  4. Teradata QueryGridマネージャを再起動します。
    service tdqgm restart
    問題がある場合は、/opt/teradata/tdqgm/logs/tdqgm-boot.logログ ファイルを確認し、特定されたすべての問題を修正して、Teradata QueryGridマネージャを再起動します。