2.16 - 他のサーバーの別名の追加 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata QueryGridマネージャに不明なホスト名またはIPアドレス(最初のQueryGridマネージャ起動時に生成されるSSL証明書にないホスト名およびIPアドレス)でアクセスする場合、ホスト検証を実行できるようにそれらをSSL証明書に追加できます。

  1. Teradata QueryGridマネージャTMS、VM、またはサーバーにログオンします。
  2. /etc/opt/teradata/tdqgm/server.propertiesファイルを開きます。
    /etc/opt/teradata/tdqgmのファイルに対する書き込み権限が必要です。
  3. 別名プロパティを設定します。
    1. aliasesプロパティを追加します。
    2. ホスト名またはIPアドレスを追加します。
      別名プロパティには、ホスト名またはIPアドレスのカンマ区切りリストを含めることができます。 例:
      aliases=qgm1.teradata.com,qgm2.teradata.com
  4. ファイルを保存します。
  5. Teradata QueryGridマネージャを再起動します。
    service tdqgm restart