2.16 - データ ソース システムの追加 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. ファブリック コンポーネントで、システムを選択します。
  2. システムの横にある""を選択します。
  3. システムの追加を選択します。
  4. 名前を入力します(最大256文字)。
    ブリッジのみのシステムは選択しないでください。
  5. (オプション)1,000文字以内で説明を入力します。
  6. データセンター リストで、次のいずれかを行ないます。
    • 通信に使用する優先的なQueryGridマネージャ インスタンスに対応するデータ センターを選択します。
    • このシステムが存在するデータ センターがリストにない場合、""を選択しデータ センターを追加します。
  7. ノード ソフトウェア リストで、次のいずれかを行ないます。
    • このシステム上で実行されるノード ソフトウェアのバージョンを選択します。
    • このシステムで実行されているノード ソフトウェアのバージョンがリストにない場合、""を選択しソフトウェア バージョン ファイルをアップロードします。
  8. (オプション)QueryGridで、内部システム通信に使用するネットワークを選択します。
    デフォルトは、もしあればbyn0ネットワーク インターフェースです。任意の稼働ネットワーク ルートに変更できます。
  9. リソース割り当てで、該当する同時実行クエリーのサポートに必要なメモリの最大量を設定するには、次のいずれかの操作を行ないます。
    オプション 説明
    ノードごとの最大メモリ
    1. ボックスで、必要なメモリの最大量を追加します。
      ノード上の使用可能なメモリに応じて、設定(FSGキャッシュなど)を調整することで、QueryGridでメモリを確実に使用できるようになります。
    推定 QueryGridが消費できる最大メモリ量。最大メモリに達すると、QueryGridがクエリーを拒否し始めます。

    推定ツールを使用して、必要なメモリ量を見積もることができます。

    1. 推定を選択します。
    2. クエリーの同時実行の最大数で、そのシステム上のすべてのコネクタに対して同時に実行することが予想されるQueryGridクエリーの最大数を入力します。
    3. リンク バッファの最大サイズで、次の操作を行ないます。
      • 通信チャネルのバッファのサイズを入力します。
      • 測定単位を選択します。

      有効な値の範囲は1~999です(デフォルトは1MB)。

    4. 最大リンク バッファ数で、リンクまたはコネクタが通信チャネルごとに使用するように構成されている最大バッファ数を入力します。

      有効な値の範囲は、1から999です。デフォルト値は4です。

    5. ノードごとの最大ワーカー数で、特定のノードのクエリーに参加するスレッドの数を入力します。

      例えば、TeradataシステムのノードあたりのAMP数を入力します。

    6. 設定値を選択します。

      ノードごとの最大メモリボックスに表示される値は、ツールで入力した値から計算されます。

  10. (オプション)プロキシ サポートを使用するには、直接アクセス権限のないノードのQueryGridマネージャへのプロキシ接続を有効にするを選択し、次の接続オプションのいずれかを選びます。
    接続 説明
    ローカル ノード経由での接続 QueryGridマネージャへのネットワーク アクセス権限を持たないノードでも、QueryGridマネージャに直接アクセスできる他のノードを経由してQueryGridマネージャに接続できます。

    プロキシ接続に使用するデフォルトのネットワークはBYNETです。ノードにBYNETがない場合は、別のネットワークを指定できます。

    一致するネットワーク インターフェースを持たないノードは、プロキシとして使用されません。

    ブリッジ システム経由での接続 QueryGridマネージャへのネットワーク アクセス権限を持たないノードでも、QueryGridマネージャに直接アクセスできるブリッジ システムのノードを経由してQueryGridマネージャにアクセスできます。

    ブリッジ システムを選択して接続を有効にします。ブリッジ システムが選択リストに表示されるには、ローカル ノード プロキシ経由での接続オプションが有効である必要があります。

  11. (オプション)指定した時間(デフォルトは48時間)の経過後にオフライン ノードをQueryGrid構成から自動的に削除するには、オフラインなった後、次のノードを削除しますを選択します。
    この機能は、HadoopまたはPrestoプラットフォームなど、削除されたノードをQueryGridが自動で検出することなく頻繁に拡張するクラスタでのみ有効にします。
  12. 保存を選択します。