17.10 - LockLoggerFlushRate - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

システム テーブルDBC.DBQLXMLLOCKTblにエントリを書き込む頻度を決定します。

システム テーブルDBC.DBQLXMLLOCKTblは、ブロッカーまたはブロックされたトランザクションおよびロック情報を格納していて、デッドロック情報を取得するのに便利です。

フィールド グループ

一般

有効な範囲

600~3600秒

推奨値は1200秒以上です。

デフォルト

1200秒間

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。ただし、DBQLは、現在のタイマーが満了するまで、新しい設定値を認識しません。

使用上の注意

パフォーマンスとデータ消失に対処するためシステム テーブルDBC.DBQLXMLLOCKTblを監視し、それに合わせてLockLoggerFlushRateを600単位で調整する必要があります。

Viewpointロック ビューアー ポートレットを使用してDBC.DBQLXMLLOCKTblにアクセスできます。または、システム テーブルDBC.DBQLXMLLOCKTblまたはビューDBC.QrylockLogXMLVに対してクエリーを実行することもできます。