17.10 - 構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
CLASS
後続のコマンドの対象範囲となるテーブルのクラス。
クラスは、サブテーブルの範囲です。このため、コマンドで記録された対象範囲のテーブルが必要な場合、SCOPEコマンドでCLASSを指定できます。
CLASS 説明
JRNL 不可視のユーザー データが格納された永久ジャーナル テーブルを指定します。
PERMANENT 可視ユーザー データが格納された永久テーブルを指定します。
TEMPORARY 非永久データが格納された一時作業テーブル(グローバル一時テーブル インスタンス)を指定します。
PSPOOL 非永久データ格納された、再始動後も持続する作業テーブルを指定します。
SPOOL 非永久データが格納された中間作業テーブルを指定します。
ALL 構成内のすべてのテーブル クラスを指定します。
CYLINDER
後続のDEFRAGMENTコマンドによってのみ操作されるシリンダ。他のコマンドはCYLINDER SCOPEを使用しません。
CYLINDER引数を指定したSCOPEコマンドには、有効なVPROC引数も追加する必要があります。
CYLINDER 説明
cylid シリンダのID番号(16文字の16進数)を指定します。
ALL vproc内のすべてのシリンダを指定します。
VPROC
後続のコマンドにより操作される予定の現在構成内のAMP vproc ID番号の範囲、またはすべてのAMP。
VPROC 説明
vproc_number 単一のAMP vproc ID番号、または番号の範囲を指定します。

有効なAMP vproc ID番号は0~16199です。デフォルトはありません。非AMP vprocに割り当てられたvproc識別子を入力すると、Ferretはエラーを発行します。

ダウンしたAMPに割り当てられたvproc番号を選択した場合にも、Ferretはそのことを知らせます。
ALL 構成内のすべてのAMP vprocを指定します。VPROC ALLを使用すると、MAP ALLと同じ結果になります。
MAP
VPROCに似ていますが、指定の連続マップに含まれるAMPにスコープが設定されます。マップ名は二重引用符で囲む必要があります。MAP ALLを使用すると、VPROC ALLと同じ結果になります。
スパース マップにSCOPEを設定すると、有効なFerretスコープは、スパース マップの親連続マップ内のAMPの範囲に設定されます。
TABLE
後続のコマンドにより操作されるサブテーブル。
TABLE 説明
tid 処理するサブテーブルを指定します。
typeandindextid構成要素は、必須です。tidの書式設定の詳細については、Ferretパラメータの使用を参照してください。
ALL 構成内のすべてのサブテーブルを指定します。
WAL
WALログ
ALL
SCOPEをデフォルトのFerret始動設定値にリセットします。初期対象範囲は、各コマンドに応じて、すべてのテーブル、すべてのシリンダ、すべてのvproc、およびWALログで構成されます。