17.10 - DEFAULT PRIORITY - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

DEFAULT PRIORITYコマンドで、デフォルト値の優先順位を設定します(REBUILDはMEDIUM、RECOVERYはLOWなど)。

構文

DEFAULT PRIORITY ;

使用上の注意

PRIORITYコマンドをこれまでまったく実行しなかったり、システムに対してシステムの初期化(sysinit)が実行されたりすると、優先順位はデフォルト値に設定されます。優先順位は、最初または後続のPRIORITYコマンドによって変更されない限り変わりません。再作成または回復操作時にPRIORITYコマンドを入力すると、新しい優先順位が有効になるまで数分かかる場合があります。

DEFAULT PRIORITYコマンドを入力すると、イベント ログは作業中のTeradataシステムの/var/adm/streams/error.mm-ddファイルに記録され、以下のメッセージが表示されます。

YY/MM/DD HH:MM:SS RECOVERY priority changed to LOW; it was
<old priority>

YY/MM/DD HH:MM:SS REBUILD priority changed to MEDIUM; it
was <old priority>

デフォルトのPRIORITYコマンドを入力すると、両方のメッセージが生成されます。