17.10 - RedriveProtection - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

再ドライブ機能のシステム レベル サポートを決定します。再ドライブ機能は、システムの再始動後、完了したリクエストの応答を保持し、未完了のリクエストを再送信します。

フィールド グループ

一般

有効な設定値

設定 説明
0 再ドライブは無効です。自動リクエスト再送信は行われません。
1 メモリ ベースの自動リクエスト再送信が有効です。

SQLリクエスト テキストは、要求元のPEノードのメモリに保持されます。データベースの再始動後に、リクエストは自動再送信されます。完了した応答は持続スプール テーブルに格納されます。

デフォルト

14.10より前のTeradata Databaseリリースからアップグレードされたシステムの場合、0。

Teradata Database 14.10以降で初期化されたシステムの場合、1。

変更の反映

次回にTeradataシステムを再始動した後。

使用上の注意

再ドライブを無効にするには、データベース ウィンドウ(DBW)の[Supervisor(スーパーバイザー)]ウィンドウ、または同様のコンソール サブシステム インターフェース(cnstermなど)からログオンを無効にする必要があります。どのセッションにもログオンしていないことを確認してから、RedriveProtectionを0に設定してください。

再ドライブ機能は、REDRIVEクエリー バンド、およびTDWM.redriveテーブル(再ドライブをユーザー、アカウント、またはプロファイルのレベルで使用するかどうかを決定できます)を使用してセッション レベルで有効/無効にできます。

関連情報

詳細情報 参照先
DBWのDISABLE LOGONSコマンド DISABLE LOGONS/ DISABLE ALL LOGONS
クエリー バンド Teradata Vantage™- SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184
TDWM.redriveテーブル Teradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093