17.10 - 特別なテーブルおよび例外 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

CheckTableは、基本グローバル一時テーブルとそのインスタンスのテーブルヘッダーのみをチェックします。また、レベル1のチェックではインスタンスのデータ行はチェックされません。レベル1のチェックの詳細については、レベル1のチェックを参照してください。

ストアド プロシージャ、UDF、およびUDMは、テキストおよびオブジェクト コードを、通常はユーザーからアクセスできない特別なテーブルとして内部に格納します。結合インデックス行またはハッシュ インデックス行も、テーブルとして内部に格納されます。CheckTableは、通常のデータ テーブルのチェックに加えて、これらすべてのテーブルをチェックします。

ハッシュされていないテーブル、およびある種の結合インデックスとハッシュ インデックスについては、実行されないチェックがあります。

CheckTableはチェック対象のテーブルとしてDBC.ALLテーブルを含めません。DBC.ALLテーブルは通常のテーブルとはみなされないからです。

CheckTableは、ロールバックがキャンセルされたテーブルはチェックしません。

外部テーブル(AWS S3データなど、外部オブジェクト ストレージ内のデータを分析するために作成されたテーブル)の場合、CheckTableはテーブルのヘッダーが存在し、テーブルのデータ ディクショナリ情報に一貫性があることを確認します。COMPRESSCHECKおよびCHECKINVALIDSIオプションは、外部テーブルには適用されません。外部テーブルの場合、チェック レベルは無関係です。すべてのレベルで同じチェックが実行されます。