17.10 - DisableAutoCylPack - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

AutoCylPackの自動バックグラウンド シリンダ パックを無効にします。

フィールド グループ

ファイル システム

有効な設定値

設定 説明
TRUE AutoCylPackを無効にします。
FALSE AutoCylPackを有効にします。

デフォルト

FALSE

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。

使用上の注意

空き領域の割合(FSP)とは、シリンダ上の未使用でデータ格納用に使用可能なスペースの量のことで、このシリンダ上のスペースの合計に対する割合で表現されます。大きくなると予想されるテーブルの場合、シリンダ上の空き領域によって、空きシリンダの割り当てに追加のコストを使わずにテーブルの拡大ができます。

Vantageでは、様々なテーブルを格納するために使用されるシリンダ上の空き領域をそれぞれのレベルで維持できます。静的なテーブルでは、FSPを0に近いレベルで指定できます。一方、変更されて大きくなるテーブルでは、テーブルの拡大ができるFSPレベルを指定できます。

AutoCylPackはバックグラウンド タスクとして定期的に実行され、テーブルのシリンダ上の設定されたFSPレベルを維持します。シリンダ上に十分なFSPがない場合、AutoCylPackは一部のデータを他のシリンダに移動させてスペースを確保します。シリンダ上のFSPが必要以上にある場合、AutoCylPackはデータをこのシリンダに移動させて、他のシリンダのスペースをあらかじめ解放します。

テーブルに対して目的のFSPレベルをいくつかの方法で指定できます。AutoCylPackで各テーブルのシリンダに対して維持するFSPは、次のようにFSPが指定された方法によって異なります。

  • FSPがCREATE TABLE文またはALTER TABLE文で指定された場合、AutoCylPackはそのテーブルのシリンダのFSPを維持します。
    CREATE文またはALTER TABLE文でFSPを指定し、AutoCylPackが有効となっている場合、PACKDISKコマンドでのFREESPACEPERCENT値の設定は推奨しません。この場合、PACKDISK操作によって生じるFSPは一時的なもので、テーブルはバックグランドのAutoCylPackタスクで設定されている、テーブル レベルの本来のFSP設定に戻ります。
  • FSPがCREATE TABLE文またはALTER TABLE文で指定されなかったが、PACKDISKがそのテーブルで実行された場合、AutoCylPackはPACKDISKで使用したFSPレベルでテーブルのシリンダを維持します。
  • FSPがCREATE TABLE文またはALTER TABLE文で指定されず、PACKDISKがそのテーブルで実行されたことがなかった場合、AutoCylPackはDBS制御のAutoCylPackFSP設定で指定されたFSPを使用します。

関連情報

詳細情報 参照先
AutoCylPackFSP AutoCylPackFSP
空き領域の割合 FreeSpacePercentSHOWFSPTeradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093
CREATE TABLEおよびALTER TABLE Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144
PACKDISK PACKDISK
MiniCylPack MiniCylPackLowCylProdTeradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093