SnapBypassAggrCache - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/xha1591998860283.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1102
Product Category
Software
Teradata Vantage

集約処理でのメモリ予約時にリソースの消耗が検出された場合、スナップショット ダンプを圧縮するかどうかを指定します。

フィールド グループ

一般

有効な設定値

設定 説明
TRUE スナップショット ダンプが圧縮されます。

この場合、リソースが消耗した時にスナップショット ダンプは作成されませんが、メモリ不足のエラーは引き続き返されます。

FALSE メモリ リソースを消耗した時に、スナップショット ダンプが作成されます。

デフォルト

TRUE

変更の反映

次回にデータベースを再始動した後。

使用上の注意

数多くの集約関数を伴うトランザクションを実行する際、SnapBypassAggrCacheを使用できます。この場合、大量のキャッシュ処理が必要です。このような場合、メモリ リソースの消耗でたいていの場合スナップ ショットが発生し、システムの低下につながります。スナップショット ダンプを一時的に停止するには、SnapBypassAggrCacheを使用します。メモリ リソースを消耗した場合、トランザクションはアボートされ、エラー メッセージが表示されますが、システムはスナップショット ダンプを記録しません。

実メモリのリークが隠蔽されることのないよう、メモリ集中型の問合わせが完了した時にSnapBypassAggrCacheをFALSEにリセットします。スナップショットは、実メモリの問題を追跡するのに有効です。