17.10 - DISPLAY FORCE - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

DISPLAY FORCEコマンドは、Gateway Global、パフォーマンス モニターおよびプロダクト制御(PMPC)、またはセキュリティ違反によって強制的にオフにされたセッションを表示します。

構文

{ DISPLAY | DI } { FORCE | FO }

使用上の注意

Teradataシステムには、次の情報が表示されます。
  • ホスト グループ番号
  • セッション数
  • セッションID番号
  • セッションと関連するユーザーの名前
  • セッション情報が破棄されるまでの時間

ゲートウェイは、クライアントがログオフした後に、標準タイムアウト期間の間はセッション情報を保持します。クライアントが再接続すると、ゲートウェイから8055エラー。

Session forced off by PMPC or gtwglobal

タイムアウト期間が満了すると、ゲートウェイはセッション情報を破棄します。

DISPLAY FORCEコマンドを使用する場合は、事前にSELECT HOSTコマンドを使用して、セッションの実行元のホスト グループを選択する必要があります。詳細は、SELECT HOSTを参照してください。

例: Killまたはアボートされたセッションの表示

Killまたはアボートされたセッションを表示するには、以下を入力します。

DI FO

次のように表示されます。

Host Group 1 has 2 forced sessions

Session User TimeToLive
1002    DBC  916 secs
1004    DBC  922 secs