17.10 - 例: SCOPEコマンドの例 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下のコマンド例は、SCOPEコマンドが普通どのように使用されるかを示しています。

コマンド Action
Scope vproc ALL
システムのすべてのAMPを選択する。
Scope vproc 4, vproc 6

または

Scope vproc (4,6)
vproc 4および6を選択する。
Scope Table 400H 0 400H
すべてのvprocのテーブル400H 0 400Hを選択する。
Scope Class (P, JRNL)

または

Scope Class P, Class JRNL
すべてのvprocのすべての永久テーブルとジャーナル テーブルを選択する。
Scope Class P, Class JRNL, vproc 4
vproc 4のすべての永久テーブルとジャーナル テーブルを選択する。
Scope Cyl (000100000000003C 0001000000000043)
シリンダ000100000000003C~0001000000000043を選択する。
1つのSCOPEコマンドで指定するシリンダは、すべて同じAMPに属している必要があります。