17.10 - SET ACTIVELOGTABLE - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

任意のResUsageテーブルのアクティブ行フィルタリングを有効または無効にします。

構文

SET ACTIVELOGTABLE { tablename | ALL } { ON | OFF }

構文要素

tablename
アクティブ行フィルタリングを有効または無効にするResUsageテーブルの名前。
ResUsageテーブル名 説明
spma システム全体のノード情報が格納されます。一般に使用中のシステムで使用されることはありません。
ipma システム全体のノード情報が格納されます。一般に使用中のシステムで使用されることはありません。
svpr 仮想プロセッサとそのファイル システムに固有のデータが格納されます。
ivpr システム全体の仮想プロセッサ情報が格納されます。一般に使用中のシステムで使用されることはありません。
scpu ノード内のCPUの統計が格納されます。
sldv システム全体の記憶装置の統計が格納されます。
spdsk pdiskのI/O、シリンダ割り当て、および移行の統計が格納されます。
svdsk AMPの関連付けられたストレージから収集された統計が格納されます。
sawt AMPワーカー タスク(AWT)固有のデータが格納されます。
sps ワークロードのリソース使用状況データが含まれています。
shst Vantageと通信するホスト チャネルおよびLANの統計が格納されます。
smhm MAPSの統計が含まれています。
ALL
ONオプションとOFFオプションのどちらが指定されるかに応じて、すべてのResUsageテーブルのアクティブ行フィルタリングを有効または無効にします。
ON
指定されたいずれかのResUsageテーブルのアクティブ行フィルタリングを有効にします。
OFF
指定されたいずれかのResUsageテーブルのアクティブ行フィルタリングを無効にします。

使用上の注意

アクティブ行フィルタリング モードは、データベースに記録されるデータ行の数を減らします。このオプションをON (有効)にしたテーブルに対しては、現在のロギング期間中にデータが変更された行のみが記録されます。

spsなどの一部のResUsage表では、書き込まれる可能性のある行が多数存在し、それらの行のほとんどは同時に使用されることがありません。非アクティブな行のロギングは大量のリソースを浪費することになります。そのため、このようなテーブルについてはアクティブ行フィルタ モードを有効化しておくことを推奨します。

行を記録するためには、アクティブ行フィルタ モードが有効になっているテーブルに、記録するために選択されているテーブルも含まれている必要があります。対応するロギング頻度を0以外の値に設定する必要もあります。

アクティブ行フィルタリングの詳細については、<Teradata Vantage™ - リソース利用マクロおよびテーブル、B035-1099>を参照してください。

サマリー モードの詳細については、SET SUMLOGTABLEを参照してください。

アクティブ行フィルタリングのステータスを表示するには、GET ACTIVELOGTABLEを参照してください。

例: すべてのResUsageテーブルでアクティブ行フィルタリングの有効化

次の例では、すべてのResUsageテーブルでアクティブ行フィルタリングを有効にしています。

set activelogtable all on