17.10 - CheckTableの一般的なチェック - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

CheckTableは、指定されたチェック レベルにかかわらず、テーブルの特定の側面をチェックします。これらの一般的なチェックには、テーブル ヘッダーのチェック、古くなったサブテーブルのチェック、およびデータ ディクショナリのチェックがあります。

チェック タイプ 説明
データ ディクショナリ 2つの特別なチェックにはデータ ディクショナリが関わります。
  • テーブル リストの妥当性検査

    このチェックでは、DBC.TVMとDBC.TempTablesで検出されたテーブルIDと各AMPのテーブルIDが比較されます。不足しているテーブル(ディクショナリで見つかったが、1つ以上のAMPで見つかっていないテーブル)、余分なテーブル(1つ以上のAMPで見つかったが、ディクショナリでは見つからなかったテーブル)、テーブルの定義済みマップ内にない1つ以上のAMP上のテーブル データの有無を調べます。

  • 連続マップ情報の妥当性検査

    このチェックでは、DBC.Mapsテーブルに格納された連続マップ情報とMapInfo GDOに格納された該当する情報が比較されます。MapInfo GDOはメモリ常駐データ構造で、システム上の全連続マップの情報を格納します。連続マップとスパース マップの詳細については、<Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094>、<Teradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093>、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

ユーザーがCHECK DBCコマンドまたはCHECK ALL TABLESコマンドを実行し、システムのログオンが無効になっていて静止状態になっているときにしか、これらの特別なチェックは実行されません。

テーブル ヘッダー すべてのオンラインAMPの中で仮想 プロセッサ(vproc)番号が最も小さいAMPから順に、そのテーブル ヘッダーとすべてのAMPのテーブル ヘッダー構成要素とを比較し、チェックします。
テーブル構造 DBC.TVMに格納されているテーブル構造のバージョンが、ヘッダーに格納されているテーブル構造のバージョンと比較されます。
古くなったサブテーブル 特定のテーブルに余分なサブテーブルがないかどうかチェックします。
Parent count/Child count DBC.TVMのParentCountとChildCountが、テーブル ヘッダーのParentCountとChildCountと一致するかどうかを調べます。
テーブル マップ情報 DBC.TVMとDBC.MAPSに格納されたマップ情報がテーブル ヘッダーに格納されたマップ情報に一致していることを確認します。
保留操作 テーブル ヘッダーをチェックして、保留操作のあるテーブルがないかどうかを判定します。このチェックは、グローバル一時テーブルにも基本テーブルにも有効です。
オンライン アーカイブのアクティブ ログがあるテーブルはCheckTableによってチェックされますが、そのオンライン アーカイブ ログ サブテーブルはチェックされません。