17.10 - ReadAhead - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

順次テーブル アクセスの先行読み取り操作を有効または無効にします。

フィールド グループ

パフォーマンス

有効な設定値

設定 説明
TRUE 順次ファイル アクセスで先行読み取りが有効になります。
FALSE 先行読み取りは発行されません。

デフォルト

TRUE

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。変更時に実行中の操作には影響を与えません。

使用上の注意

ファイル システムでは、データ ブロックを読み取る度に先行読み取りI/Oを発行して次のデータ ブロック、またはデータ ブロックのグループをメモリ内に入れることができます。前もってデータ ブロックを事前ロードすると、I/Oで同時に処理を実行できるようになり、テーブルが順次スキャンされているとき(例えば、SCANDISKなどのコマンドの実行時)の処理時間を大幅に改善できます。

ReadAheadが有効の場合、事前ロードされるデータ ブロックの数は、Read Ahead Count、StandAloneReadAheadCount、UtilityReadAheadCountの各フィールドによって決まります。

シリンダ読み取り機能が有効で、使用可能なシリンダ スロットがある場合、シリンダのすべてのデータ ブロックが1回の読み取り操作でメモリ内に読み取られます。この場合、個々のデータ ブロックは事前ロードされません。シリンダ読み取りの詳細については、Control GDOエディタ(ctl)を参照してください。