17.10 - ストレージ グループ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ストレージ グループの各フィールドは、特定タイプの空のサブテーブルにロードまたは挿入されるデータに割り当てる、初期温度を指定します。この温度は、データで予想されるアクセス頻度を表しており、データを圧縮するかどうか、さらにデータを格納する場所を決定します。

アクセス頻度はVantageで継続的にモニターされるため、時間経過にともない、温度が初期設定から変わる可能性があります。

ストレージの設定名とデフォルトを以下のリストで個別に示します。

ストレージ フィールド デフォルト温度
DEPOT Temperature HOT
GLOBAL TEMP Fallback Temperature WARM
GLOBAL TEMP Fallback CLOB Temperature WARM
GLOBAL TEMP Primary Temperature WARM
GLOBAL TEMP Primary CLOB Temperature WARM
PERMANENT JOURNAL Temperature HOT
PERM Fallback Temperature WARM
PERM Fallback CLOB Temperature WARM
PERM Primary Temperature

Parallel Upgrade Tool(PUT)は、システム構成に基づいてPERM基本データのデフォルトを設定します。一部の構成では、デフォルトはHOTです。

WARM
PERM Primary CLOB Temperature WARM
SPOOL Temperature HOT
WAL Temperature HOT
All Other Temperature

その他のストレージ グループ フィールドで具体的に制御されていない空のサブテーブルにロードされるデータについて、初期のデータ温度を制御します。

WARM

有効な設定値

設定 説明
HOT 頻繁にアクセスされることが予想されるデータ。
WARM 中程度のアクセス頻度が予想されるデータ。
COLD アクセス頻度が低いことが予想されるデータ。
DEFAULT このタイプのデータは、デフォルト温度を使用します。指定したテーブルまたはデータ型のフィールドをTeradataデフォルト値にリセットします。

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。

使用上の注意

ストレージ フィールド設定は、以下のいずれかにより、データが空のテーブルにロードされた場合に順守されます。
  • INSERT/INSERT … SELECT文
  • CREATE TABLE AS … WITH DATA文
  • CREATE JI文
  • Load utilities TPump、FastLoad、MultiLoad、Teradata Parallel Transporter
  • Table Rebuildユーティリティ
TVSTemperatureクエリー バンドとFerret FORCEコマンドは、これらのストレージ設定を上書きします。

データ温度はシリンダ レベルで割り当てられているため、初期の割り当て後、パーティション化されたテーブルでパーティションが異なるデータは、温度が異なる可能性があります。

データ温度がデータ アクセス パターンの変更によって変わるため、データをより高速または低速のストレージ グレードに自動的に移動(移行)させることができます。