17.10 - PACKDISK - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

PACKDISKコマンドは、対象範囲のテーブルに関連付けられたストレージ上のデータを配列(パックおよびアンパック)し、ストレージの空き領域の割合(FSP)を空のままとします。これにより現在割り当てられているストレージ内でテーブルが拡大し、新しいストレージの割り当て用にシリンダを解放できます。

構文

PACKDISK
  [ /Y ]
  [ { FREESPACEPERCENT | FREE | FSP } [=] number ]
  [ FORCE ]

構文要素

/Y
ユーザーへの確認を行なわないことを指定します。
/Yオプションを指定しない場合、FerretはPACKDISKの処理を行なう前に、ユーザーによる確認を要求します。
FREESPACEPERCENT
FREE
FSP
オプションとして、対象範囲のテーブル用のシリンダ上で、PACKDISKが未使用の状態にしておく必要のあるストレージ領域の割合を指定します。この空き領域の割合(FSP)により、テーブルが適所で拡大し、新しい空きストレージ シリンダを割り当てる必要性を遅らせます。
読み取り専用のテーブルは拡大しないため、空き領域を必要としません。
表のFSPは、そのテーブルがCREATE TABLE文およびALTER TABLE文を使用して作成または変更される場合に指定することもできます。テーブルに対して定義されると、このFSP値は、FORCEオプションが使用されない場合は、PACKDISK FREESPACEPERCENT値に優先します。
FREESPACEPERCENTがPACKDISKで指定されず、FSPがCREATE TABLEまたはALTER TABLEで指定されなかった場合、PACKDISKはDBS制御のFreeSpacePercent設定により定義された空き領域の割合の値を使用します。
number
対象範囲のテーブル用のシリンダ内に残っているストレージ領域の割合。
FORCE
PACKDISKに対して強制的にテーブル データをFREESPACEPERCENT値にパックさせます。これは、CREATE TABLE文またはALTER TABLE文を使用して設定されている可能性のある現在のFSP値と関係なく行なわれます。
CREATE TABLEまたはALTER TABLEで設定されたFSPを持つ表の場合、PACKDISKのFORCEオプションを使用した結果は一時的なもののみです。周期的なバックグラウンドのAutoCylPackタスクを実行する時、CREATE TABLE文またはALTER TABLE文を使用して、表の空き領域をFSP値の設定に戻します。FORCEが使用されない場合、PACKDISKは、CREATE TABLEまたはALTER TABLEを使用して明示的に設定された現在のFSP値を順守します。明示的FSPのない表の場合、PACKDISKはDBS制御で定義されたシステム デフォルトを使用します。