17.10 - TempBLCInterval - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

データの圧縮または圧縮解除後、その他のデータ処理を確認するまで、バックグラウンドの温度ベースのブロック レベル圧縮(TBBLC)タスクが待機する時間(分)を指定します。このフィールドは、TBBLCが使用可能な場合にのみ有効です。

フィールド グループ

圧縮

有効な範囲

1~120分

デフォルト

10分

変更の反映

DBS制御レコードの書き込みが行なわれた後、バックグランドの圧縮タスクが初めて実行される時。

使用上の注意

マスター インデックスAMPのすべてのシリンダが特定のスキャン サイクル中に処理されると、温度ベースのブロック レベル圧縮(TBBLC)は、TempBLCRescanPeriodが新しいスキャン サイクルの開始をトリガーするか、データベースの再起動によって新しいスキャン サイクルがトリガーされるまでスリープします。

データ温度はアクセスの頻度を意味します。

  • ホット データは、アクセス頻度が高いものです。
  • コールド データは、アクセス頻度が低いものです。
  • ウォーム データは、アクセスの頻度が中程度のものです。

データ温度は、シリンダ レベルでAMPごとに個別に測定されます。データが直接アクセスされなくてもシリンダの温度は変化する可能性があるため、相対的な測定値です。これは、他のシリンダがどの程度アクセスされるかによって異なるためです。TBBLCは、コールド データを自動的に圧縮してストレージ領域を節約し、コールド状態(圧縮状態)だったウォーム データやホット データは圧縮解除します。多数のシリンダにまたがるテーブルのさまざまな部分は、タイミングに関係なく、温度に応じて異なる圧縮状態で存在します。

BLCは、ファイル システムのデータ ブロック(DB)レベルでのデータ圧縮を可能にします。 圧縮により所定のデータ量に必要なストレージの量が低減されます。 DBS制御のBlockLevelCompressionフィールドで、BLCを有効または無効にできます。

関連情報

詳細情報 参照先
ブロック レベル圧縮 Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094
BLOCKCOMPRESSIONテーブル属性 Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144
TBBLCの有効化 EnableTempBLC
Ferret COMPRESS、UNCOMPRESSおよびFORCEコマンド Ferretユーティリティ(ferret)
圧縮クエリー バンド Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144
DBS制御フィールドのストレージ グループ ストレージ グループ