17.10 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • 再作成の対象となるAMPがTable Rebuild実行中にオフラインかオンラインかにかかわらず、同じ クラスタ内の他のすべてのAMPはオンライン状態でなければなりません。他のクラスタ内のAMPは、オフラインであっても問題ありません。
  • スパース マップ(またはシステム内のすべてのAMPのサブセットのみを含む連続マップ)を使用するテーブルは、必ずしもシステムのすべてのAMPに分散されるわけではありません。再作成用に指定されたテーブルが、REBUILDコマンドで指定されたAMP上に存在しない場合、テーブル再作成によって次のメッセージが発行されます。
    Unable to rebuild table tablename due to table not in rebuilt AMP
    連続マップとスパース マップの詳細については、<Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094>を参照してください。
  • Vantageでは、一部のファイル システム エラーについて、影響を受ける特定のデータ サブテーブルやインデックス サブテーブル、またはデータ サブテーブルやインデックス サブテーブルの行の連続した範囲(“領域”)を分離することができます。 その場合、Vantageでは、影響を受けるサブテーブルまたは領域だけをダウンとマークします。 これにより、ダウンしているサブテーブルまたは行にはアクセスする必要がないトランザクションを、データベースのクラッシュや再始動を伴わずに実行できるため、システムのパフォーマンスと可用性が向上します。

    通常の再作成プロセスでは、ダウンしている領域に関する情報がテーブル ヘッダーから削除されます。

すべてのテーブルを再作成する前に

すべてのテーブルを再作成する前に、以下のことを実行してください。

  1. Vproc Managerユーティリティを使用して、再作成するAMPのVprocStateをFATALに設定する。
  2. データベースを再起動します。
    この手順は、再作成するAMPの状態が最後のデータベースの再始動より前にFATALであった場合には、必要ありません。
  3. Vproc Managerユーティリティを使用して、再作成するAMPをブートする。

    ブートの状態を示すメッセージがシステム コンソールに表示されます。正常にブートされた場合、このAMPはALL TABLES再作成の用意ができています。

    BOOTコマンドは、すべてのテーブルの再作成に備えてAMPのディスクを再初期設定し、指定されたAMP上のDBSパーティションを始動します。これは、vprocのVprocStateがFATAL、ConfigStatusがDownの状態になっているときにのみ該当します。初期設定を行なうためには、確認のための入力が必要です。

    有効なVprocIdsは、システムによって異なりますが、0~30719または0~16383のいずれかの範囲の10進数です。

    末尾に“x”を追加することにより、16進数を指定することもできます(例えば、0x、3FFx)。

  4. Table Rebuildユーティリティを始動して、ALL TABLES再作成をこのAMPに対して実行する。
  5. 再作成が完了したら、Vproc Managerユーティリティを使用して、このAMPのVprocStateをONLINEに設定する。
    Table Rebuildユーティリティは、完了時に、このAMPのVprocStateをUTILITYからOFFLINEに自動的に設定します。
  6. データベースを再起動します。

1つまたはすべてのテーブルの再作成

AMPのデータがすべて消失したため再作成する必要がある場合、またはそのAMPのデータベースDBCを再作成する必要がある場合は、Table Rebuildを実行して、必要な情報を復元できます。データベースDBCが再作成されている間、再作成の対象のAMPはオフラインでなければなりません。一方、AMP上の他のデータベース、または単一のテーブルを再作成するときには、AMPはオンラインまたはオフラインのいずれの状態でもかまいません。

すべてのデータベースを再作成した後、Vantageを再始動することにより、再作成されたテーブルを更新し、データが再作成されたAMPをオンライン処理に復帰させる必要があります。

Table Rebuildのバックグラウンドでの実行

LOG INTO logdbase.logtblオプションを指定すると、Table Rebuildはバックグラウンドで実行します。複数のテーブル再作成操作をバックグラウンドとフォアグラウンド(対話モード)の両方で同時に実行できます。バックグラウンドの再作成の完了メッセージが、システム コンソール、およびLOG INTOオプションで指定したユーザー定義のテーブルに送られます。

LOG INTOオプションで指定されるテーブルは、あらかじめ次のように作成済みでなければなりません。

CREATE SET TABLE logDB.LogTbl, FALLBACK
  ( MsgDate CHAR(8),     /* format:  'yy/mm/dd' */ 
    MsgTime CHAR(8),     /* format:  'hh:mm:ss' */ 
    MsgAMP  CHAR(6),     /* format:  'nnnn' */ 
    MsgCode CHAR(1),     /* see below */
    MsgText VARCHAR(600) CHARACTER SET UNICODE) /* message text */ 
  PRIMARY INDEX (MsgDate, MsgTime);
内容
MsgDateおよびMsgTime メッセージが生成された時点のシステムの日付と時刻。これらの列が、ログ テーブルの非固有プライマリ インデックスとなります。
MsgAMP 再作成を実行するAMPの4桁のvproc番号。
MsgCode 再作成メッセージのタイプを示す単一文字のコード。下記参照。
MsgText 再作成メッセージのテキスト。

MsgCodeは、以下の値のうちのいずれかです。

意味
‘ ’ 通常のメッセージ
‘D’ データベース再作成のメッセージ
‘E’ エラー メッセージ
‘J’ テーブル再作成のメッセージ(ジャーナル)
‘N’ テーブル再作成のメッセージ(非フォールバック テーブル)
‘R’ テーブル再作成のメッセージ(回復に使用するテーブル)
‘S’ 再作成操作の始動/再始動
テーブル レベルのメッセージには、データベース名は含まれていません。正しく識別するため、レポートには'D'クラスのすべてのメッセージが含まれていなければならず、日付および時刻の順番に並んでいることが必要です。