PRINT variable - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/xha1591998860283.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1102
Product Category
Software
Teradata Vantage

PRINT variable コマンドは、指定された変数の値を表示します。

構文

{ PRINT | PR } variable [;...]

構文要素

variable
値が表示される変数。
値は、その変数の代入コマンドの形式で表示されます。
ctlを使用して変更できる変数の中には、どのctl出力画面にも表示されないものがあります。すべての変数名のリストを表示するためには、print allコマンドを使用します。

例: 指定されたctlフィールドの値の表示

例えば、以下の2つの変数を入力した場合、

> print minimum node action;fsg cache percent

使用しているシステムに応じて、次のように表示されます。

Minimum Node Action=Clique-Down
FSG cache Percent=80