17.10 - GET CONFIG - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

現在のシステム構成を返します。

構文規則

GET CONFIG

使用上の注意

次のテーブルは、システム構成を定義しています。

構成要素 説明
Vproc Number システム全体の中でvprocを固有に識別する。
Rel.Vproc# vprocが存在しているノードでの相対的なvprocを表わす。
Node ID vprocが属しているノードを識別する。Node IDの形式は、CCC-MM (CCCはキャビネット番号、MMはモジュール番号)と表わされます。例えばノードIDが003-07の場合は、キャビネット3のモジュール番号7のノードを示します。
Movable vprocの1次ノードに障害が発生した場合に、そのvprocが定義されているクリークの別のノードにそのvprocを移動可能かどうかを指示する。
Crash Count vprocのクラッシュ回数。カウントは、システムの再始動を試みる度に増加する。システムの再始動が成功すると、Crash Countはすべてのvprocに渡って0にリセットされる。
Vproc State vprocの現行のPDEシステムの状態を表わす。
  • FATAL: vprocやそのvprocに関連したストレージに重大な問題があることを示します。 例えば、vprocが繰り返しクラッシュしてクラッシュの回数がクラッシュ カウントを超える場合、またはvdisk上にテーブルの一部(またはすべて)の表再作成を必要とする破損したテーブルが存在する場合は、vprocがFATAL状態に設定されます。
    TVS vprocステータスがFATALの場合は、次回のデータベース再始動時にそのvprocに関連付けられたすべてのAMPの状態がFATALになる。
  • FATAL**: AMPがストレージにアクセスできないことを示します。
    AMPのパーティションは、vprocがこの状態の場合には始動しません。
  • NEWPROC: AMPとPEのvprocにのみ適用されます。新しいvprocがVantage構成に追加された状態、または既存のvprocが削除された状態。

    状態がNEWPROCのvprocは、PDEのメッセージ グループのメンバーですが、動作可能なデータベースのメッセージ グループのメンバーではありません。詳細については、Teradataサポート センターにお問合わせください。

  • NONODE:このvprocの実行に必要な物理ハードウェアが使用可能でない状態。この状態は、SETコマンドに対する引数としては受け入れられないが、STATUSコマンドによって作成されたVproc Status Tableには現われることがある。
    AMPまたはPEのパーティションは、vprocがこの状態の場合には始動しない。
  • NULL:未定義の状態。この状態は、SETコマンドに対する引数としては受け入れられないが、STATUSコマンドによって作成されたVprocステータス テーブルには現われることがある。
  • OFFLINE:一般的には、vprocが、完全には動作可能でなく、DBAまたはシステム管理者によって強制的にダウンさせられた状態。

    状態がOFFLINEのvprocは、PDEのメッセージ グループのメンバーであるが、動作可能なデータベースのメッセージ グループのメンバーではない。詳細については、Teradataサポート センターにお問合わせください。

    TVS vprocステータスがOFFLINEの場合は、そのvprocに関連付けられたすべてのAMPの状態がFATALになります。

  • ONLINE: vprocが完全に動作可能であり、データベースで使用可能な状態。

    状態がONLINEのvprocは、PDEおよびデータベースのメッセージ グループのメンバーである。詳細については、Teradataサポート センターにお問合わせください。

  • UTILITY: この状態は、過渡的な状態であり、データベースの回復、再構成、およびTable Rebuildユーティリティで使用されます。前のOFFLINE/FATAL/NEWPROC状態がオンライン システムと対話している状態。

    vprocは、PDEのメッセージ グループのメンバーであるが、動作可能なデータベースのメッセージ グループのメンバーではない。UTILITY状態のvprocのローカル クラッシュが発生した場合には、データベースが再始動する。

Config Status vprocのVantage論理構成マップ ステータスを表示する。
  • Online: vprocが完全に動作可能な状態。

    このステータスは通常、Vproc StateのONLINEに相当します。

  • Down: vprocが強制的にダウンさせられた状態。

    このステータスは通常、Vproc StateのOFFLINE、UTILITY、FATAL、およびNONODEに相当します。

  • Catchup: AMPのConfig StatusがDown状態であり、バックグラウンドで回復中の状態。System RestartKindがCOLDWAITの場合には、このvprocのConfig Statusは、回復の完了時にOnlineになります。

    このステータスは通常、Vproc StateのUTILITYに相当します。

  • Hold: AMPのConfig StatusがCatchupまたはDown状態であり、そのデータを回復中の状態。このvprocのConfig Statusは、回復の完了時にOnlineになります。

    このステータスは通常、Vproc StateのONLINEに相当します。

  • NewReady: vprocが、新しく追加された状態、またはVantage論理構成から削除された状態。

    このステータスは通常、Vproc StateのUTILITYまたはNEWPROCに相当します。

  • NewDown: 新しく追加されたvprocがダウンしている状態。まだDBS構成には追加されていません。

    このステータスは通常、Vproc StateのOFFLINEに相当します。

  • Null: このvprocがまだVantage論理構成内に存在しない状態。vprocがPDEの物理構成に追加されたか、Vantage論理構成から削除されている可能性がありますが、システムのスタートアップは実行されていません。始動すると、このvprocがそのスタートアップ構成マップに存在していないことが認識され、このvprocのConfig StatusがNewReadyに変更されます。

    このステータスは通常、Vproc StateのNEWPROCに相当します。

Config Type vprocのVantage論理構成マップ タイプを表わす。
Cluster/Host No. クラスタ番号(Config TypeがAMPの場合)、またはホスト番号(Config TypeがPEの場合)を表示する。

クラスタは、システムの構成または再構成中に定義されたAMPのクラスタ番号です。有効なクラスタ番号の範囲は0~8099です。

Host No.は、システムの構成または再構成を使用してPEに割り当てられたホスト番号です。有効なホスト番号の範囲は、1から1023までです。

RcvJrnl/Host Type RcvJrnl (「回復ジャーナリング」)フラグ(Config TypeがAMPの場合)、またはHost Type (Config TypeがPEの場合)を表示する。

AMPがダウンし、そのAMPの回復ジャーナルをそのAMPの クラスタ内の他のAMPが作成しない場合には、RcvJrnlフラグはオフになります。

AMPが長時間ダウンすることが予測される場合には、そのAMP上のすべてのテーブルについてオフラインで再作成すること(RcvJrnlフラグがオフに設定されたあとで)を推奨します。

Host Typeは、システムの構成または再構成中に定義したPEのホスト タイプで、IBM、COP、ATT3B、BULLHN、またはOS1100になります。

TVS Vproc AMP vprocに関連付けられたTVS vprocを表示する。

次のテーブルは、ノード構成を定義しています。

構成要素 説明
Node ID PUTを使用して定義されます。詳細については、<Parallel Upgrade Tool(PUT)リファレンス>を参照してください。ノードIDの形式は、CCC-MM(CCCはキャビネット番号、MMはモジュール番号)と表わされます。例えばノードIDが003-07の場合は、キャビネット3のモジュール番号7のノードを示します。
Node State ノードの現在の状態(ONLINE、DOWN、またはSTANDBY)。
Clique Number PUTを使って定義されたノードのクリーク番号。詳細は、<Parallel Upgrade Tool(PUT)リファレンス>を参照してください。
CPU ノード上のCPUの個数。
Memory (MB) ノードの総メモリ サイズ(メガバイト単位で、最も近い整数に切り上げる)。
CHANs ノードに接続されているチャネル数。
LAN ノードに接続されているLANの数。
AMP ノード上で実行されているAMPの数。
Node Name ノードのネットワーク名。

該当する場合には、PDEステータス テーブルの後ろに、非TPAノード(STANDBYノードの場合)として定義されたノードを示す脚注が付加されます。

例: 現在のシステム構成の表示

次の例では、現在のシステム構成を表示しています。

SYSTEM NAME: qpdt23                                         11/06/12 17:09:05
                          DBS LOGICAL CONFIGURATION
                          -------------------------

                                                                   Rcv
                                                                   Jrnl/
Vproc  Rel.   Node    Can   Crash Vproc   Config   Config Cluster/ Host  TVS
Number Vproc# ID      Move  Count State   Status   Type   Host No. Type  Vproc
------ ------ ------  ----- ----- ------- -------- ------ -------- ----- -----
    0*    1     1-01  Yes     0   ONLINE  Online    AMP       0    On    10238
    1     2     1-01  Yes     0   ONLINE  Online    AMP       0    On    10237
 8192     5     1-01  No      0   ONLINE  N/A       GTW       1    COP   N/A
10237     6     1-01  Yes     0   ONLINE  N/A       TVS       0    N/A   N/A
10238     7     1-01  Yes     0   ONLINE  N/A       TVS       0    N/A   N/A
16382     3     1-01  Yes     0   ONLINE  Online    PE        1    COP   N/A
16383     4     1-01  Yes     0   ONLINE  Online    PE        1    COP   N/A
--------------------------------------------------------------------------------
* DBS Control AMP

  DBS State: Logons are enabled - The system is quiescent

  DBS RestartKind: COLD

                          PDE PHYSICAL CONFIGURATION
                          --------------------------

Node    Node    Clique      Memory
ID      State   Number CPUs  (MB)  CHANs LANs AMPs Node Name
------- ------- ------ ---- ------ ----- ---- ---- ---------------------------
  1-01  ONLINE     0     1   1337    0     1    2  localhost
------------------------------------------------------------------------------

  PDE State: RUN/STARTED