17.10 - ERRORS - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ERRORS コマンドは、診断メッセージを指定したファイルまたはデフォルトのファイルSTDERRに転送します。何も指定しない場合は、エラーの宛先となるファイルの名前を表示します。

構文

ERRORS [ { TO | INTO | OVER } { file | STDERR | ME } ]

構文要素

TO
Ferretは診断メッセージを新しいファイルまたはSTDERRに書き込みます。
指定したファイルが存在する場合、Ferretはエラーを戻します。
INTO
Ferretは診断メッセージを新しいファイルまたはSTDERRに書き込みます。
ファイルがすでに存在する場合、Ferretはエラー メッセージをファイルの終わりに追加します。
ファイルが存在しない場合、Ferretによりファイルが自動的に作成されます。
OVER
Ferretは既存のファイルまたはSTDERRを現在の診断メッセージで上書きします。
ファイルがすでに存在している場合、Ferretはファイルを上書きします。
ファイルが存在しない場合、Ferretによりファイルが自動的に作成されます。
file
診断メッセージの宛先ファイルの名前。
STDERR
Ferretが診断メッセージを書き込むデフォルトのファイル。
ME
STDERRの同義語です。

使用上の注意

Ferretを開始すると、診断メッセージがデフォルトではSTDERRに書き込まれます。

次の方法のいずれかで診断メッセージを出力する場合に、ERRORSコマンドを使用できます。

  • 新しいファイルにだけ書き込む。
  • 既存ファイルに追加する。
  • 既存のファイルを上書きする。
  • コンソールの画面に表示する。

ERRORSコマンドにfileパラメータを含めると、そのファイルがSTDERRから転送される診断メッセージの宛先になります。

何もオプションを指定しないでERRORSコマンドを入力すると、Ferretは現在の診断メッセージ ファイル(STDERR)の名前をシステム コンソールの画面に表示します。

例: ファイルへのFerret診断およびエラー メッセージのリダイレクト

次の例は、診断メッセージを指定のファイルおよび ディレクトリに転送するための書式を示しています。

Ferret ==>
Errors over /home/user1/Ferret.error