17.10 - CStdUDFServerTimeout - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

CまたはC++で作成されたUDFまたは外部ストアド プロシージャを実行するためにUDFサーバーが始動するのをデータベース サーバーが待機する、分単位のタイムアウト値を指定します。この設定によって指定された時間を超えると、サーバーはエラーを生成し、UDFサーバーのリクエストをアボートします。

このフィールドの値を変更するのは、Teradataサポート センター担当者の指示がある場合だけにすることをお勧めします。

有効な範囲

1~200分

デフォルト

2分

使用上の注意

ビジー状態のTeradataシステムにおいてUDFまたは外部ストアド プロシージャが含まれるリクエストの実行時に7583エラーを受け取る場合には、この設定を大きくしなければならないことがあります。

関連情報

Java外部ストアド プロシージャおよびJavaユーザー定義関数の詳細については、<Teradata Vantage™- SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照してください。