17.10 - CNSSET LINES - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2021-09-23

CNSとの再接続後に出力表示領域から保存してDBWに送信する行数を設定します。

構文

CNSGET LINES n

構文要素

n
保存する行数。
値の有効範囲は2~72行です。
デフォルトは10行です。

使用上の注意

再接続後に古い入出力を表示してもセキュリティ上問題がない場合は、大きい値(例えば10行以上)を設定することを推奨します。

現在設定されている行数をチェックするには、CNSGETコマンドを発行します。詳細は、CNSGETを参照してください。

例: DBW表示から保存する行数の設定

次の例では、システムのキューに入れる行数を12に設定しています。

cnsset lines 12

CNSSUPV: cns will save 12 lines per screen.