17.10 - Dump Unload/Loadユーティリティ(dul) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

Dump Unload/Loadユーティリティ(dul)は、システム ダンプ テーブルを保存および復元します。

Advanced SQL Engineに障害が発生した場合、システムは影響を受けるAMPと関連するPEの内容を、システムにより生成される"ダンプ テーブル"に自動的に保存します。これらのテーブルに含まれている情報を使用して、システム障害の原因を判定できます。dulを使用すると、ダンプ テーブルをディスクにロードできます。

dulを使用するには、関連するパッケージがAdvanced SQL Engineにインストールされている必要があります。

dulユーティリティの用途

  • ダンプ情報をAdvanced SQL Engineからファイルに転送します。このアンロード操作は、通常、使用中のシステムで実行します。分析のためにクラッシュダンプ情報をTeradataサポート センターに送ることができます。
  • Teradataサポート センターの担当者は、dulを使用してダンプ情報を分析のためにサポート システムに復元します。
  • dulを使用すると、ロード操作やアンロード操作を実行せずに、テーブルの削除やダンプ サマリー情報の取得を行なうことができます。

クラッシュ ダンプ情報を含むテーブルには、次の構文に基づく名前が付けられます。

CrashDumps.Crash_yyyymmdd_hhmmss_nn
yyyymmdd
年、月、および日を表わします。
hhmmss
時間、分、秒を表わします。
nn
各ダンプが保存されるごとに 1 つずつ大きくなります。

dulはどのような名前のダンプ テーブルでもアンロードできます。

アンロードされたダンプは、圧縮されたgzipファイル形式のファイルに自動的に保存され、ダンプ ファイル名に拡張子.gzが追加されます。 dulでダンプをロードするときには、指定したファイル名が.gz拡張子を含めて検索され、 ファイルが見つからない場合は、.gz拡張子を含めずに検索されます。