17.10 - CheckTableのメッセージ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
CheckTableは、次のタイプのメッセージを発行します。
  • 構文エラー
  • チェックの完了
  • エラー

構文エラーのメッセージ

構文エラーが発生すると、CheckTableは次のことを実行します。
  • エラーが発生した入力行の個所を表示
  • コマンド入力行で、エラーを引き起こした文字の下にドル記号($)を表示
  • エラー メッセージを表示

例えば、次のコマンドがあるとします。

CHECK db[2-] AT LEVEL ONE;

次のエラー メッセージが表示されます。

*** Syntax error ***
CHECK db[2-] AT LEVEL ONE;
           $
Invalid range specified in dbname or dbname.tablename.

エラー メッセージ

CheckTableは、問題が生じると、問題の重大度と状況に応じてアボートされます。CheckTableは、データベースによって割り当てられたリソースをクリーンアップできない場合などに、まれにデータベースをクラッシュさせることがあります。

CheckTableがアボートするときには、以下を実行します。
  • エラー メッセージを表示
  • 今後の分析のためにスナップショット ダンプを保存
  • バックトレース情報を保管

バックトレース情報は、イベント ログ ファイル(/var/log/messages)内にあります。

番号別の特定のCheckTableエラー メッセージの詳細については、<Teradata Vantage™ - Databaseメッセージ、B035-1096>を参照してください。

補足情報

メッセージに含まれる補足情報には、テーブルの行識別子が含まれる場合があります。

RowIDは、次の情報を含む16バイトの値から構成されます。
  • 最初の8バイトは、行の内部パーティション番号です。

    (非パーティション テーブルの場合、内部パーティション番号は0になり、内部パーティション番号は実際は行自体に格納されません。)

  • 次の8バイトには、行のハッシュ バケット値と固有性値が含まれます。
内部テーブルの行形式の詳細については、<Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094>を参照してください。