17.10 - 構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

コマンド ラインからctlを開始するには、以下のコマンド構文を使用します。

ctl { command_spec [...] | -help }
command_spec
{ -first | -last } { command [;...] | "command [;...]" }

構文要素

-help
ctlコマンド ライン オプションに関する情報が表示される。
-first
他の処理の前に実行する最初の1つ以上のコマンド。

デフォルトはなし。

例:

ctl -first “Node Logging Rate = 600;screen rss; write; quit”

RSS画面のNode Logging Rateフィールドを600に設定し、RSS画面で変更内容を確認し、変更内容をControl GDOに書き込んだ上で、ctlユーティリティを終了します。

-last
終了直前に実行する最後の1つ以上のコマンド。

デフォルトはなし。

例:

ctl -last screen

現在の画面を表示した後、ctlのインタラクティブ モードを終了します。

command
Ctlコマンドのコマンド。
commandに空白が含まれている場合は、コマンド リストを二重引用符で囲みます。
-firstオプションおよび-lastオプションの場合、コマンド リストは英数字識別子ではなく、完全なフィールド名を使用することを推奨します。