17.10 - 構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
/Y
確認のメッセージが表示されないようにします。
/S
MIおよびWMIをスキャンします。
/M
MI、CI、WMI、およびWCIをスキャンします。
/L
MI、CI、DB、WMI、WCI、およびWDBをスキャンします。
CI
MIおよびCIをスキャンします。対象範囲が選択したサブテーブルではなく、AMPまたはすべてのサブテーブルの場合、空きCIもスキャンされます。
DB
MI、CI、およびDBをスキャンします。これが通常のファイル システムに対するデフォルトで、CI、MI、またはFREECISオプションによって上書きできます。対象範囲が選択したサブテーブルではなく、AMPまたはすべてのサブテーブルの場合、空きCIもスキャンされます。
FREECIS
割り当てマップで空きであると示されているシリンダのCIをスキャンします。CIでシリンダが空きであることが示されていないシリンダがあれば、そのシリンダも報告します。
MI
MIだけをスキャンします。
WCI
WMIおよびWCIをスキャンします。
WDB
WMI、WCI、およびWDBをスキャンします。これがWALログに対するデフォルトで、WCIまたはWMIオプションによって上書きできます。
WMI
WMIだけをスキャンします。
SKIPDECOMPRESS
SKIPDECOMP
SCANDISKがブロック レベルの圧縮データ ブロックを圧縮解除しないようにします。これは一部の検証をスキップしますが、多数の圧縮データ ブロックがあるシステムでSCANDISKを高速化できます。
WITHSPOOL
SCANDISKを実行し、非スプール データだけでなく、すべてのスプール データのチェックを行ないます。
WITHSPOOLを指定しないと、チェックされるのは最初の数個のスプール シリンダだけになります。コマンドの対象範囲がMIに限定されていると、非スプール データとスプール データを含むMI全体が必ずスキャンされます。
inquire_opt
関連するAMPSにおいてスキャンされているものの中で最低のtidrowidを表示する。このオプションは、SCANDISKの進行状況を完了までの合計時間のパーセンテージ割合の形で報告し、これまでに発生したエラーを表示します。
NOCR
シリンダ読み取りの代わりに、通常のデータ ブロック事前ロードを使用するように指定する。これは、デフォルトです。
CR
通常のデータ ブロック事前ロードの代わりに、シリンダ読み取りを使用するように指定する。
MAXERRCNT n
MAXERR n
SCANDISKが、vprocごとのサブテーブルにつき表示するエラーの最大数を指定します。指定の数のエラーが検出されると、SCANDISKは停止します。この設定を使用して、大量のエラーが報告される場合におけるSCANDISK実行時間を減らします。
NONE
1つのINQUIREリクエストだけがSCANDISKジョブに送信されるように指定します。
number
SCANDISKの進行状況を表示するためにINQUIREリクエストに送信する時間間隔を定義する整数。
timeopt
以下のうちの1つ。
  • SECONDS, SECOND, SECON, SECO, SECS, SEC, S
  • MINUTES, MINUTE, MINUT, MINU, MINS, MIN, M
  • HOURS, HOUR, HOU, HO, HRS, HR, H
  • DAYS, DAY, DA, D
例えば、このコマンドを実行すると、5分間隔でSCANDISKの進行状況を報告するSCANDISKジョブが開始されます。
scandisk inquire 5 m
デフォルトはSECONDSです。
許容されている最大の時間間隔は7日間です。