17.10 - テーブル チェックのステータスの判別 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

現在のテーブル チェック タイプのステータスを判別する場合は、CheckTableコマンド プロンプトにstatusと入力します。詳細については、STATUSを参照してください。

例えば、進行中のテーブル チェックで、表t1、t10、t100、t1000、t11のあるデータベースDB0を指定したとします。次のテーブルには、PARALLELモードとSERIALモードでの結果が示されています。

Mode 結果の例
PARALLEL
     >>> STATUS: CheckTable running in PARALLEL mode.
                 5 CheckTable tasks started.
                 4 CheckTable tasks ACTIVE.
                 1 CheckTable tasks IDLE.
                 1000005  bytes spool space in use.
                     120  bytes spool space available.
   
   Task   Status
   ****   **********************************
    1     Checking data subtable ("DB0"."T1").
    2     Checking data subtable ("DB0"."T10").
    3     Checking data subtable ("DB0"."T100").
    4     Waiting for a read lock on table
          ("DB0"."T1000"). 0 lock retry(s), total
           wait time of 1.4 minute(s).
   
これらの結果は、CheckTableが5つの並行チェックを開始したことを示しています。
  • 3つのCheckTableタスクで、テーブルDB0.T1、DB0.T10、DB0.T100のデータ サブテーブルをチェックしています。
  • 1つのCheckTableタスクで、テーブルDB0.T1000に対する読み取りロックを待機しています。
  • リソースが不十分なため、1つのCheckTableタスクが一時停止しています。
SERIAL
>>>> STATUS: Checking data subtable ("DB0"."T10").

CheckTableがテーブルDB0.T10のデータ サブテーブルをチェックしていることを示しています。