17.10 - LIST STATUS proc-id - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

proc-idオプションをmmmmと指定してLIST STATUSコマンドを使うと、特定のAMPの回復プロセスについて詳細な追加情報が提供されます。

構文

LIST STATUS [ proc-id ] ;

構文要素

STATUS
トランザクション回復情報と、使用不能なAMPのAMP回復情報。
  • テーブルのサイズが大きい場合、表示される行数は、近いほうの千の位に丸められます。
  • 回復の作成レコードにより、テーブルのインデックスごとに再作成操作が個別に指定されます。これにより、そのインデックスの基本データとフォールバック データの両方が再作成されるため、表示されるセクター数は、他の方法で取得されるテーブルの合計サイズではありません。
  • 表示されるセクター数は、クラスタ内の他のAMPからコピーされるか、またはOJ作成レコードがあるテーブルのすべてのインデックス サブテーブル用の非固有セカンダリ インデックス(NUSI)インデックスを再作成する、基本とフォールバックの両方の行のセクター数を推定した合計値です。この中には、現在と次の両方のパスのOJ作成レコードが含まれています。
proc-id
再作成する必要のあるテーブル リストを含む、特定のAMPの回復プロセスについての追加の詳細情報を表示。
LIST STATUS proc-idオプションは、障害AMP回復(オフライン更新)時のプロセッサか、LIST STATUS表示のリストにあるAMPにしか使えません。オンライン更新のAMPの場合は、作成レコードがないので、追加の詳細情報は提供されません。

使用上の注意

以下の追加情報が報告されます。
  • ステータス
  • パス番号
  • 現在のパスの処理件数
  • 次のパスの処理件数
  • 再作成する必要のあるテーブルのリスト(以下の情報も含まれる)
    • 合計行数
    • 合計バイト数
    • 再作成速度(バイト/秒)
    • 予想再作成時間
      リストに表示される再作成する必要のある表
  • OJで作成したレコードが存在しているテーブル
  • そのテーブルの推定セクター数

LIST STATUS proc-idコマンドは、障害AMP回復(オフライン更新)時のプロセッサか、LIST STATUS表示のリストにあるAMPにしか使えません。オンライン更新のAMPの場合は、作成レコードがないので、追加の詳細情報は提供されません。

次のテーブルには、TABLES TO BE REBUILT報告の下の列に含まれる情報が示されています。

データ 説明
Row Count 再作成するテーブルの数。
Status LIST STATUS proc-idの実行時に、回復プロセスの状態を6つまで表示します。
  • Blank

    テーブルが再作成されることを示しています。

  • MultiLoad Target Table in Apply

    テーブルがMultiLoadジョブの宛先のテーブルであることを示します。この場合、MultiLoadジョブが終了する前に、AMPがオンラインになる可能性があるので、OJ作成レコードは破棄されます。そうなった場合、MultiLoadはテーブルの再作成を強行し、AMPはオンラインになります。AMPがオンラインになる前にMultiLoadジョブが完了すると、新しいOJ作成レコードが生成されます(再作成はあとのパスで実行される)。

  • Locked

    テーブルが現在EXCLUSIVEロックでロックされており、有効なセクター数を数えられないことを示しています。ロックがテーブル削除操作の一環でない限り、テーブルは最終的に次のパスで再作成されます。

  • Non-Fallbacked

    非フォールバック テーブルが再作成操作対象としてマーク付けされていることを示しています。すべての非フォールバック テーブルは再作成操作時に削除されるので、このテーブルに関連するセクター数は無意味です。

  • Table Rebuild

    このOJ作成レコードが、現在再作成中のテーブルのレコードであることを示しています。このOJ作成レコードは破棄されます。

  • Restore

    テーブルにOJ作成レコードがあるとしても当面は復元操作のターゲット(必ずしも活動状態である必要はない)になっていることを示しています。この場合、OJ作成レコードは破棄されます。

Name 再作成するテーブルの名前。
再作成を予定しているテーブルのインデックスを作成中にLIST STATUS proc-idコマンドを実行すると、そのテーブルの予想再作成時間にインデックスの再作成時間は追加されません。

例: 指定したAMPの障害AMP回復ステータス レポート

次の例は、一般的な障害AMP回復ステータスのレポートを示したものです。このレポートには、合計行数、合計バイト数、および1秒あたりの再作成速度(バイト数)が表示されています。

DOWN AMP RECOVERY STATUS AT 12:27:25 99/10/13

AMP to be               Current Pass                Next Pass
caught up    Pass   OJ           CJ            OJ           CJ
---------    ----   -----------  -----------   -----------  -----------
 00001          0             0            0           107       16,531
     - AMP Status: Not in recovery
     - Down

TABLES TO BE REBUILT

Row Count      Status                            Name
------------   -------------------------------   -------------------
     897,598                                     "RESCRIBE"."Rescribe11"
     897,598                                     "RESCRIBE"."Rescribe12"
     897,598                                     "RESCRIBE"."Rescribe13"
     897,598                                     "RESCRIBE"."Rescribe14"
--------------------------------------------------------------------
   3,590,392   total rows.
   2,582,240KB total bytes.
       7,680KB is the rebuild speed in bytes per second.
The estimated rebuild time is 5.60 minutes.