17.10 - TIM Cache Load Throttle - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

システム始動中にTeradata Intelligent Memory(TIM)キャッシュ事前ロード タスクをスロットルして、他のI/O操作を先に完了させるかどうかを設定します。

TIM事前ロード タスクにより、システム始動時にログインが有効になった後に、最も頻繁にアクセスされるデータがTIMキャッシュ(FSGキャッシュの一部)にロードされます。これにより、対象データにより迅速にアクセスできるようになります。

このフィールドが適用されるのは、システム リセットをまたいでFSGキャッシュを別途保存していない場合(tpareset -xまたは-fオプションを使用して強制リセットする場合など)に限ります。

フィールド グループ

ストレージ

有効な設定値

設定 説明
TRUE TIMバックグラウンド キャッシュ事前ロード処理をスロットルします。データベースI/Oサブシステムがアイドル状態の場合にだけ、VERYHOTシリンダがキャッシュにロードされます。これにより、ビジー状態のシステムにおける始動パフォーマンスが向上する可能性があります。
FALSE TIMバックグラウンド ロード タスクはスロットルされず、システム始動シーケンスがログインを有効にする段階に達した直後に、VERYHOTシリンダがキャッシュにロードされます。これは、デフォルトです。

デフォルト

FALSE

変更の反映

次回のTeradataシステムの再始動中。

使用上の注意

データ アクセスの頻度がVantageによりモニターされます。最も頻繁にアクセスされるデータが入っているシリンダが、データ温度VERYHOTとなるように指定されます。こうしたシリンダがシステム始動時にTIMキャッシュにロードされます。

関連情報

詳細については、TIM Cache Load Disabledを参照してください。