17.10 - DisableWAL - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ログ先行書き込み(WAL)を有効にするかどうかを設定します。

フィールド グループ

ファイル システム

有効な設定値

設定 説明
TRUE WAL機能は無効になります。変更されたデータ ブロックとシリンダ インデックスはディスクに直接書き込まれます。DisableWALforDBs フィールドは無視されます。
FALSE WAL機能は有効になります。WALログに書き込まれる項目は、DisableWALforDBsの設定によって次のように決定されます。
  • DisableWALforDBsがTRUEに設定されている場合、変更されたデータ ブロックはディスクに書き込まれ、シリンダ インデックスの変更はWALログに書き込まれます。
  • DisableWALforDBsがFALSEに設定されている場合、変更されたデータ ブロックは特定の操作に応じて、WALログに書き込まれ、メモリにキャッシュされるか、ディスクに書き込まれます。

デフォルト

FALSE

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。

使用上の注意

WAL(Write Ahead Logging)は、ログに基づくファイル システム回復スキーマで、このスキーマでは、永久データへの変更は、ログ ファイル(WALログ)に書き込まれます。ログ ファイルには、更新内容を表わす変更レコード(Redoレコード)が含まれます。トランザクションのコミットなど、重要な時点でWALログはディスクに書き込まれます。リセットまたはクラッシュの場合、Redoレコードを使用して、ディスク上の永久データ ブロックの古いコピーを直近のリセット時点に存在したバージョンに回復できます。

MultiLoadユーティリティによって挿入されたデータ ブロックは、DisableWALフィールドの設定に関係なく必ずディスクに書き込まれます。

関連情報

DisableWALforDBsを参照してください。