17.10 - variable=setting - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

このコマンドは、指定した変数またはフィールドに対して指定した値を設定するか、有効な値に関する情報を表示します。

構文規則

variable = { setting | ? }

構文要素

variable
変数の名前またはフィールドの名前や識別子。
SCREENコマンドを使用して関連する制御フィールドのグループを表示した場合、変更可能なフィールドの先頭には英数字識別子が表示されます。この識別子または正確なフィールド名をvariable = settingコマンドとともに使用して、フィールドの値を変更できます。
setting
variableに設定する値。
設定は、割り当てられている変数に適した型である必要があります。そうでない場合は、エラーが報告されます。
1yes、およびtrueは、onの同義語として使用できます。
0no、およびfalseは、offの同義語として使用できます。
文字列の変数に空の文字列を入力すると、現在の値が空の文字列に置き換えられます。
?
variableの有効な値に関する情報を表示します。

使用上の注意

  • 構成設定への変更は、自動的にログ記録されます。GDOに行なわれた変更の履歴は、システム コンソールからgdomviewコマンドライン ツールを使用して表示することができます。gdomviewオンライン ドキュメントには、manコマンドとpdehelpコマンドを使用して、システム コンソールからアクセス可能です。

例: ctlフィールド値の設定

> scr dbs 

(0) Minimum Node Action:        Clique-Down
(1) Minimum Nodes Per Clique:   1               (2) FSG cache Percent:  0
(3) Clique Failure:             Clique-Down     (4) Cylinder Read:      On
(5) Restart After DAPowerFail:  On              (6) Cylinder Read Ageing Threshold:  0
(7) Maximum Fatal AMPs:         0

> minimum nodes per clique=?
CTL: Minimum Nodes Per Clique
Default value is 1. Valid range is from 1 to 2147483646.
> minimum nodes per clique=3
> screen

(0) Minimum Node Action:        Clique-Down
(1) Minimum Nodes Per Clique:   3               (2) FSG cache Percent:  0
(3) Clique Failure:             Clique-Down     (4) Cylinder Read:      On
(5) Restart After DAPowerFail:  On              (6) Cylinder Read Ageing Threshold:  0
(7) Maximum Fatal AMPs:         0

> 1=2
> screen

(0) Minimum Node Action:        Clique-Down
(1) Minimum Nodes Per Clique:   2               (2) FSG cache Percent:  0
(3) Clique Failure:             Clique-Down     (4) Cylinder Read:      On
(5) Restart After DAPowerFail:  On              (6) Cylinder Read Ageing Threshold:  0
(7) Maximum Fatal AMPs:         0