17.10 - FreeSpacePercent - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のような操作における各シリンダの未使用領域の量を指定します。

操作
ユーティリティまたは操作
  • FastLoadおよびMultiLoad
  • テーブルの再作成
  • システム再構成
  • FerretユーティリティのPACKDISKコマンド
  • MiniCylPack操作は、FreeSpacePercent(FSP)の設定、またはCREATE TABLE文およびALTER TABLE文で指定されているFSP値を順守しようとします。ただし、使用可能なシリンダが少なく、ストレージ領域が限られている場合、MiniCylPackはそのFSPを順守できないことがあります。
SQL
  • フォールバック保護を追加するALTER TABLE
  • データの入れられているテーブルに対して任意の型のセカンダリ インデックスを定義または再定義するCREATE INDEX
  • INSERT … SELECT中、フォールバック保護を指定して定義された空のテーブルにフォールバックを作成する時
  • INSERT … SELECT中、任意のタイプのセカンダリ インデックスを指定して定義された空のテーブルにインデックスを作成する時

予約された空き領域によって現在のテーブル シリンダで表データを拡張することができ、表シリンダを追加で割り当てる必要性を回避、または後に回すことができるので、新しいシリンダの割り当てに関連するデータ移行操作を回避、または後に回すことができます。新しい表データを既存のテーブル データと物理的に近接させておき、データの移行を回避すると、システム パフォーマンスを総合的に向上させることができます。

フィールド グループ

ファイル システム

有効な範囲

0~75%

デフォルト

0%

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後、次のデータ ロード操作中。設定の変更時に実行中の操作には影響を与えません。

空き領域の割合にゼロ以外の値を設定した後、上にリストされた後続のすべての操作はその設定を順守し、継続して表データが必要とする以上の空き領域をとっておきます。Vantageにデータの格納用に空き領域を利用させ、データの移行を回避するには、初期データがロードされた後で空き領域の割合を減らす必要があります。

空き領域割合の要件の評価

予約された空き領域によって、テーブルは現在割り当てられているシリンダ内で拡張できます。これにより、さらにシリンダを割り当てる必要性と、それによって生じるデータを新規シリンダに移行するオーバーヘッドを回避、または後に回すことができます。シリンダの新たな割り当てを回避することでシステム全体のパフォーマンスが向上します。

テーブルのFSP値を正しく選択するには、パフォーマンスと領域を配慮する必要があり、テーブルの成長性にも左右されます。
  • 変更や拡大が生じない参照テーブルの場合、FSPは不要のため、これらのテーブルではFSPをゼロにすることができます。システムが基本的に前述タイプのテーブルである場合、FreeSpacePercentをゼロに設定し、CREATE TABLEおよびALTER TABLEのSQL文でFREESPACEオプションを使用して、成長が予想されるテーブルに別のFSPを設定します。
  • 大幅な成長が予想されるテーブルは、成長度合いの低いテーブルよりもFSP値を高くする必要があります。ただし、FSP値を増やすとストレージを多く消費するため、領域とパフォーマンスのバランスを踏まえてFSPを選択する必要があります。

FSPが0%で100シリンダのストレージを必要とするテーブルでFSPが25%に設定された場合、134シリンダが必要となります。FSPが75%の場合、同じテーブルで400シリンダが必要です。FSPによるストレージのオーバーヘッド分を満たすために必要なシリンダを使用可能にすると、パフォーマンスに影響が出ます。

時間経過にともない、FreeSpacePercent設定を受け入れないようテーブルが変更されたことで、利用可能な空き領域が変化する可能性があります。バックグラウンド タスクのAutoCylPackが、テーブルのFSPを定期的に確認、復元します。Ferret PACKDISKコマンドを手動で実行して、強制的にFSPを復元、またはテーブルのFSPを別の値に一時的に設定できます。MiniCylPackは、システム上のシリンダが不足している場合、利用可能な空き領域を変更する場合があります。

関連情報

詳細情報 参照先
CREATE TABLEおよびALTER TABLE Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144
空き領域の割合 SHOWFSPTeradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093
AutoCylPack DisableAutoCylPack
MiniCylPack MiniCylPackLowCylProd