17.10 - Lock Displayユーティリティのコマンド - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

Lock Displayのコマンドライン環境では、以下のLock Displayコマンドの入力ができます。

コマンドは大文字と小文字を区別せず、省略することができます。

Lock Displayは、数値入力を16進として解釈します(デフォルトの基数が16進)。10進形式の数値を入力するには、数字の後にピリオド文字を入力します。例えば、10進数の10は"10."と入力する必要があります。ピリオドを後に付けない"10"は16進の値0x10と解釈され、10進値の16に相当します。

Lock Displayは、キャッシュ(DDL文の場合はデータ ディクショナリ)でユーザー、データベース、またはテーブル名が見つからなかった場合は疑問符(?)文字を連続して表示します。例については、DBおよびTABLEを参照してください。

以下のセクションではコマンドについて説明し、さまざまな種類のロックが存在する場合の出力の例を示します。

TRANコマンドはロックが適用またはブロックされているすべてのトランザクションを表示するため、最初に説明し、TRANコマンド出力のサブセットを表示するROWKEY、ROWRANGE、PARTITION、およびBLOCKERSコマンドについては、TRANの後に説明します。