17.10 - DisableSyncScan - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

同期フル テーブル スキャンのために行なわれる大きなテーブルの一部のキャッシュを無効または有効にします。同期スキャンに使用できるキャッシュの量は、SyncScanCacheThrフィールドを使用して設定されます。

フィールド グループ

パフォーマンス

有効な設定値

設定 説明
TRUE 大きなテーブルの同期フル テーブル スキャンを無効にします。
FALSE 同期フル テーブル スキャンを有効にします。

デフォルト

FALSE

変更の反映

次回にデータベースを再始動した後。

使用上の注意

Teradataの同期フル テーブル スキャン機能を使用すると、いくつかのテーブル スキャン タスクが、現在キャッシュ内に保存されている大きいテーブルの一部に同時にアクセスできるようになります。同期テーブル スキャンは、フル テーブル スキャンが大きいテーブルの同様の領域にアクセスしている場合にのみ実行されます。同期テーブル スキャンでは、必要なディスク入出力を削減してデータベース パフォーマンスを改善できます。同期テーブル スキャンは、フル テーブル スキャンを実行している大きいテーブルでのみ使用できます。

関連情報

SyncScanCacheThrを参照してください。