17.10 - SyncScanCacheThr - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

同期テーブル スキャンに使用できるFSGキャッシュの量を決定します。

SyncScanCacheThrは、DisableSyncScanがFALSEに設定されている場合にのみ有効です。

この設定は、Teradataサービス担当者から指示された場合のみ変更するようにしてください。

フィールド グループ

パフォーマンス

有効な範囲

0~100%

このフィールドを0に設定すると、Vantageではフィールドのデフォルト値が使用されます。

デフォルト

10%

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。

使用上の注意

Teradataの同期フル テーブル スキャン機能を使用すると、いくつかのテーブル スキャン タスクが、現在キャッシュ内に保存されている大きいテーブルの一部に同時にアクセスできるようになります。同期テーブル スキャンは、フル テーブル スキャンが大きいテーブルの同様の領域にアクセスしている場合にのみ実行されます。同期テーブル スキャンでは、必要なディスク入出力を削減してデータベース パフォーマンスを改善できます。同期テーブル スキャンは、フル テーブル スキャンを実行している大きいテーブルでのみ使用できます。

大きなテーブルのフル テーブル スキャンを実行するとキャッシュがすぐに一杯になり、キャッシュの小さい参照表からデータがすぐにフラッシュされたり、それらのデータが全くキャッシュされなくなる可能性があります。データがキャッシュ内で置き換えられる前に、これらの大きなテーブルからキャッシュされたデータにアクセスする可能性は低いため、通常大きなテーブルのフル テーブル スキャンでキャッシュを実行しても役に立ちません。したがって、大きなテーブルは通常キャッシュから除外されます。DBSCacheThr設定では、ほとんどのシステム キャッシュの決定を目的として"小さい"テーブルと"大きい"テーブルが区別されます。

ただし、複数のタスクで同じ大きなテーブルをスキャンしている場合は、テーブルの一部をキャッシュして、複数のスキャンがキャッシュされたデータに同時にアクセスできるようにすることで効率化を図ることができます。同期スキャンが有効な場合、通常はキャッシュから除外される可能性のある大きなテーブルの同期スキャンにキャッシュの一部が使用される場合があります。Vantageは、同期スキャンの対象となるテーブルを決定します。

大きなテーブルの同期スキャンを行なった場合と、小さい参照テーブルでより多くのキャッシュを使用できるようにした場合を比較してどちらにメリットがあるかは、システムで実行する作業の種類の組み合わせに応じて異なります。また、時間によって異なる場合もあります。同期スキャンに使用しているキャッシュは、小さい参照テーブル内のアクセス頻度が高いデータをキャッシュする目的には使用できません。したがって、SyncScanCacheThrは、Teradataサービス担当者から指示された場合のみ変更することを推奨します。この設定を大幅に変更することは避けて、実動システムに変更をコミットする前に、システム パフォーマンスに対する影響を慎重に検討するようにしてください。