17.10 - ENABLE TRACE - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ENABLE TRACEコマンドは、セッションの追跡をオンにします。このコマンドは、内部ゲートウェイ イベントを記録します。

構文規則

{ ENABLE | EN } { TRACE | TRAC }

使用上の注意

次の要素のいくつかがセッション イベント追跡に関連することがあります。
生じたイベントと取られた処置に応じて、登録項の種類は異なります。
  • セッション番号(付いている場合)
  • 関連したファイル説明(用意されている場合)
  • イベント
  • 以下のイベントのうちの1つ以上
    • 割り当て済み
    • ログオン済み
    • ログオフ済み
    • 強制ログオフ(Teradataシステムによるセッションの打切り)
    • ログオンの失敗(通常は無効パスワードのため)
    • 切断済み
    • 再割り当て済み
    • 再接続済み
  • 発信元のネットワーク接続ホストのネットワーク アドレス

デフォルトでは、追跡は使用不能です。Teradataシステムを再始動しても、前にENABLE TRACEコマンドを使って使用可能にされた追跡は使用可能なままです。

追跡が使用可能になっている場合、DISABLE TRACEコマンドを使用してこれをオフにしないと、ファイル システムは満杯になるおそれがあります。

ENABLE TRACEコマンドを使用する場合は、事前にSELECT HOSTコマンドを使用して、セッションの実行元のホスト グループを選択する必要があります。詳細は、SELECT HOSTを参照してください。

追跡ファイルはテキスト ファイルであり、テキストを表示する任意のツールを使って表示できます。この追跡情報は、Gateway Controlによって制御される追跡情報と同じで、同じファイルに記録されます。

その他の詳細は、DISABLE TRACEを参照してください。ゲートウェイ ログ ファイルの詳細については、Gateway Control (gtwcontrol)を参照してください。

例: セッション イベント トレースの有効化

セッションのイベントの追跡をオンにするには、次のように入力します。

enable trace