17.10 - InListRewriteThreshold - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
構成
Publication ID
B035-1102-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

INリスト リライト クエリー処理の対象になるために必要なINリスト内の値の最小数を指定します。

フィールド グループ

パフォーマンス

有効な範囲

1~32767

デフォルト

512

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。

使用上の注意

デフォルトの設定はほとんどの状況に適しており、クエリーのパフォーマンスが最良になります。

INリスト リライト処理では、クエリーの処理中の述部の簡略化およびブロックの最適化が抑止されます。したがって、INリストを含むクエリーにINリスト リライトを使用すると、リライトせずに処理する場合と比較してパフォーマンスが低下することがあります。その場合は、InListRewriteThresholdの値をクエリーのINリストの値の数より大きくする必要があります。

関連情報

  • 大規模なINリスト処理の詳細については、<Teradata Vantage™- SQLリクエストおよびトランザクション処理、B035-1142>を参照してください。
  • INリスト処理に関連するその他のDBS制御フィールドについては、InListRewriteOptionMaxNumInListRewriteを参照してください。